ナブラとは?ナブラの釣り方のコツやおすすめのルアーをご紹介

ナブラとは、魚が餌とする小魚を求めておいかけている状態のことを指します。魚が集まっていることから、釣果を望みやすい!と思いきや、意外と釣れないなんてこともあります。この記事では、いつ遭遇してもいいように、釣り方のポイントを紹介します!

この記事をかいた人

ナブラとは

釣り雑誌やWebサイトを見ていると、この言葉をよく目にします。最近は、YouTubeで釣り動画を楽しむ人も増えていると思いますが、その中でもこの言葉を耳にします。海面が波たち、釣り人たちが一斉にルアーを投げ込む姿をみると、なぜ?と疑問に思いますよね。一体、どのような状態のことなのでしょう。

ナブラとは小魚をフィッシュイーターが食べている状態のこと

すべての魚が、餌として魚を食べるわけではないのです。海藻を食べる魚やプランクトンを食べる魚。魚を餌とするものという意味でフィッシュイーターというのですが、この魚が小さい魚を食べようとして追い、逃げ場のなくなったエサが海面近くまでやってくるため、海面が波立ちます。この逃げる魚が寄ってきて海面が波たつ様子が1つのサイン。

ナブラは釣りのチャンス

エサとなる魚が大きな魚に追われて水面近くに逃げる状態なので、大物を狙う釣り人にとっては絶好のチャンス。逃げる魚を海面まで追い込んだ大きな魚もその近くにいるので、多くの釣り人たちはこの状態を見逃すまいと、海面を注意深く観察しています。海面近くがざわめいたら、絶好のチャンス到来。

ナブラ撃ちとはナブラを狙って釣りをすること

湖や沼などでブラックバスを釣る際は、ある程度ポイントが定まることも。しかし、海釣りの場合はその範囲が広大で、どこに狙っている大きな魚がいるのか中々わからない。しかし、波がざわめいているところを発見すれば、そこに大物が集まっているため、大物たちをたくさん釣り上げる可能性が高くなるのです。これを狙います。

ナブラの基礎知識

現象はわかっても、必ず出会えるわけではないのです。様々なルアーや時間帯を試しても、なかなか釣れない経験をしたこともあるでしょう。釣りには、ポイントや時間帯があるように、この現象にも、出会いやすい時間や場所、そしてターゲットとなる魚にも種類があります。その基礎知識をおさえることで、確実に大物を仕留めることができます。

ナブラが起こるのはマズメの時間帯

間詰めからきた言葉とか、漁師がもともと使っていたという説など様々。この時間帯は、朝と夕方の2回訪れます。夜明けから日の出までの1時間と、日没前後1時間です。24時間の中で、わずか2時間。それも、朝を逃すとその日の夕方までチャンスはやってこないため、どちらかの時間帯に狙いを絞るのが肝要です。

ナブラ撃ちで狙えるのは青物がメイン

大きな魚に追われた魚たちが海面近くに集まることで、海面がさざなみ立ちます。この大きな魚は、大きな魚の全てをさすわけではないのです。カンパチやブリなどの青物とよばれる魚です。共通点は、どれも小さな魚をエサにするということ。海藻やプランクトンをエサとする魚はターゲットにはならないのです。これはルアー選びにも重要なヒントに。

ナブラは様々な場所で起こり水面が沸き立つ

NEXT ナブラは様々な場所で起こり水面が沸き立つ