テントのポールが折れた時の修理・補修・交換の仕方を解説!

キャンプ中にテントのポールが折れてしまったら。テントを設営できず帰ることになるなど、せっかくの楽しいキャンプが台無しですね。しかし、慌てなくとも修理は可能です。今回の記事ではポールの応急処置の方法から修理や補修、交換の方法までご紹介していきます。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

キャンプ中にテントのポールが折れた時の応急処置

何かの拍子でポールがぽっきりと折れてしまったときには、支える大事なアイテムが壊れてしまったことで慌ててしまうかもしれません。しかしキャンプ場にあるようなものでサッと応急処置までをすることができるので、まずは誰でもできる応急処置の手順から見ていきましょう。

ポールの添え木を探そう

まずは、折れてしまったポールの支えとなる添え木が無いかどうか探してみましょう。ポールもそれなりに頑丈ですから折れてしまったときにはそれを十分に支えられるしっかりした太さもあるものが欲しい所。もし焚き火をしているのであれば薪などがそれに該当しますので、薪を持っていたら添え木に使ってみましょう。

ポールと添え木を固定しよう

ポールを支えることができる添え木が準備できたら、次はそれをポールへと固定できるものを探しましょう。その時ビニールテープなどがあったらちょうど結んで使うことができるのでピッタリ。もしビニールテープが無い時には靴の紐を取り外して巻いても使うことができるでしょうから、巻き付けられるようなものを探しましょう。

あくまで応急処置なので帰ったらポールを修理しよう

ここまでの処置ができたら、一応はポールを立て直してテントを使うことができるようになるでしょう。しかしこれは本当に一応使えるようになっただけのあくまでも応急処置の段階です。そのままでは使い続けることができませんので、キャンプが終わってからは必ずちゃんとした修理を行いましょう。

リペアチューブを備えればポールが折れた時も安心

突然点とポールが折れてしまった時の応急的な対処方法をご紹介しました。前述のとおりやはりその場しのぎ的な対処法ですので、しっかりした備えを用意しておきたいところ。そこで活用することができるのがリペアチューブというアイテムです。

リペアチューブは、折れたポールを代用する補修用パイプ

そのリペアチューブがどんなアイテムなのかというと、ポールが折れてしまったときに代えてつかうことができる修繕用のパイプです。リペアチューブ自体は価格が安くアウトドアで使用するときの持ち運びもしやすいですが、サイズが合っているかどうかだけは事前に確認しておくとよいでしょう。

リペアチューブがあれば、ポールの修理は簡単

たいていテントのポールが折れてしまうときには接続する部分が折れてしまうケースが多いようですが、実際に修理をするときにはその折れてしまった部分に周りにある石などの固いもので戻してから、チューブをその個所に被せて応急処置と同じようにテープ等を巻きつけて固定すれば使うことができます。

おすすめのリペアチューブをご紹介

NEXT おすすめのリペアチューブをご紹介