機能は上位機種以上!?ダイワクロノスのインプレや特徴を徹底分析します!

バス専用ロッドダイワクロノスは比較的リーズナブルな価格でありながら、スタイリッシュでかつ、上位機種に匹敵するほどのスペックを持っています。このダイワクロノスの魅力とは?性能は?今回は購入した方のインプレも参照しながら探ってみることにしましよう。

この記事をかいた人

ダイワクロノスの特徴

ダイワクロノスはダイワから発売中の、バス用ロッドです。ベイト用スピニング用の2つのラインアップがあり更にそれが1ピースと2ピースのラインアップが存在します。価格も2万円以下と比較的リーズナブルな設定になっています。

オドロキの軽量

ダイワクロノスの本体にはHVFカーボンを使用しています。このカーボンの特徴は密度が高く、別名”贅肉”のレインを最大限にまで減らし、驚く程の軽量化に成功しています。最も軽いもので自重は80gで上位機種のエアエッジと同じになっています。軽量でありながらも、パワーアップや細身化も実現しています。

上位機種にも搭載されているsicガイド

ダイワクロノスに搭載されているガイドはなんと、sicガイド!!これは普通は上位機種にしか搭載しないガイドです。sicの特徴は、素材はシリコンカーバイドで放熱度、堅さ、軽さ、そして滑りが全て最高のレベルで融合したフジ工業のガイドです。このガイドを使い出すと他のガイドは使いたくなくなる気がするほどです。

BRAIDING X

BRAIDING Xとはロッドのべーリーからパッドの部分がX字に締め上げられているのが見えるかと思います。これがBRAIDING Xといって、ロッドのねじれを防止し、その結果最大限のロッドパワーを引き出すことに成功しています。

X45

ダイワクロノスの特徴として、ダイワのオリジナルテクニックX45(別名バイアスクロス)があります。これは、カーボン繊維の巻き方を45度(バイアスあ9にすることで、ロッドのねじれを防ぎ、ロッド持つ最大限のパワー引き出すことだできます。それだけでなく、感度、操作性も向上しています。

ダイワクロノス①6101MBの特徴とインプレ

出典:Amazon

ダイワクロノス6101MBは、ベイトモデルの1ピースタイプです。いわゆる”バーサタイルロッド”とも言われ、比較的広範囲のルアーをこなします。ファーストムービング系のスピナベ、クランクなどで広範囲を探りながら、ここぞというピンポイントにノーシンカーを投げる。そんな釣りがこれ1本で出来てしまいます。

特徴

6101MBの特徴は、何といっても、6’10”という取り回しの良いレングスです。特にロッドの携帯本数が限られるオカッパリのアングラーに威力を発揮します。パワーと繊細さの両方を兼ね備えていて、巻物からピンうちまで万能にこなす、最初の1本に最適なロッドです。自重はなんと115gでミディアムな硬さです。

インプレ

NEXT インプレ