今話題のタトゥーラ!ロッドの特徴や人気のベイトリールとスピニングリール4つを紹介!

バスフィッシングの本場アメリカでそのタフを実証された「タトゥーラ」の魅力について紹介します。人気の商品であるHDカスタム・HLC・SV・LTを徹底解説していきます。

この記事をかいた人

ダイワ タトゥーラのロッドの特徴

タトゥーラのロッドの特徴は感度が良く、かつ軽い所です。価格もリーズナブルで汎用性もあります。ラインアップは12モデルあり、その中には逆並継2モデル(4種類)もあります。

ブランクス

カーボンの密度を極限ににまで高め、レジンの含有量を減らすことによって、軽くてかつ張りのあるブランクスを形成しています。このテクノロジーを超高密度SVFカーボンと呼んでいます。

また、ロッドワークの際に起こるロッドのねじれを最大限減らすテクノロジーも搭載しています。これをダイワでは”X45”と呼んでいます。

ガイド

ガイドに関しては日本ではメジャーなロッドはほとんどがsicを使用していて、これに対して、タトゥーラではアルコナイトガイドです。ですがご安心ください。アメリカなどではアルコナイトがトーナメントで使用するロッドでもアルコナイトガイドが主流なのです。

sicとアルコナイトを性能的に比較しても、ほとんど差はありません。逆にsicの方が強度が高すぎるゆえの瞬間的なダメージに対して弱い可能性も若干あり、グローバルで見た場合アルコナイトは全く問題がありません。

かっこいいデザイン

ベースカラーはブラックを採用し、アクセントカラーとしてゴールドを使用しています。高級感、重厚感あふれるデザインに仕上がっています。また、同じシリーズのリールとコーディネートもされています。

ダイワ タトゥーラのリールの特徴

リールに関しても、タトゥーラはアメリカのトッププロの愛用者も多数おり、多様なコンセプトの元ラインナップも豊富に用意されています。

最大の特徴TWSシステム

TWSは”Tシェイプレベルワインド”の略でレベルワインドがちょうど”T”の文字の形をしています。クラッチの操作でオフにするとレベルワインドが前に倒れます。そしてラインがレベルワインドの抵抗をほとんど受けなくなります。その結果飛距離が伸びる構造です。

逆にリトリーブ時はラインがTの文字の縦のバー部分に収まり、巻き取り時のトラブルが激減し、スムーズなコントロールを実現しています。

バックラッシュの減少

TWSはバックラッシュ等のライントラブル減少にも一躍かっています。購入後のレビュー等をみると”強風の向かい風の時にフルキャストしてもバックラッシュしない”等の意見が寄せられています。

これは、キャスト時のスプールの回転と同じ調子でラインがほとんど無抵抗で放出されていることを示しています。その結果強風に強いリールが完成しました。

タトゥーラSVに搭載されたSVシステム

NEXT タトゥーラSVに搭載されたSVシステム