機能は上位機種以上!?ダイワクロノスのインプレや特徴を徹底分析します!

インプレ

出典:Amazon

ダイワクロノス6101MBのレビューを見てみましょう。合わせるルアーの種類やラインの種類、太さが載せてありますので。参考にするといいでしょう。このロッドの汎用性が良くわかりますね。また、Amazonのレビューには80㎝クラスのシーバスを釣り上げたとの報告もありました。

ベイトロッドなら最もバーサタイルな番手。ガードの強いカバージグを使用せず、ブルフラットの1/32オンスネイルリグや、5g程度の軽量パンチショット(俗に言う直リグ)、3/8オンスクラスのバズベイト、1/4クラスのミノーなどなどスピニング以外でビッグベイト、カバージグを除いていろんな釣りをしたい時に使用します^_^合わせるラインはモンスターブレイブZの12〜14ポンド

(引用:ナチュログ)

ダイワクロノス②6101MHBの特徴とインプレ

クロノス6101MHBはレングス2.08mで自重が125gのブラックバス用ベイトロッドです。硬さはミディアムハードで、初心者でもカバー打ちが気軽に実現できるロッドです。スピナーベイトを引き倒すのにも最適です。

特徴

クロノス6101MHBの特徴はカバー打ちに最適化されているロッドの感度と張りが秀逸な事です。これにより、カバーにテキサスリグを撃つ、アタリをロッドで感じる、魚をフッキングする、魚をロッドのパワーで寄せるというバス釣りの典型的な楽しさを満喫することができます。

インプレ

クロノス6101MHBのインプレで目立つのは”125gという軽さ”そして”適度なレングスがオカッパリアングラーには最適””レギュラーテーパーだが感度が良くフッキングも良い”というベイトバスロッドに求められる基本的性能がしっかりしていることです。まさにお値段以上のロッドですね。

ダイワクロノス③651LBの特徴とインプレ

ダイワ(DAIWA) バスロッド ベイト ブレイゾン 651LB バス釣り 釣り竿

出典:Amazon

ダイワクロノス651LBはブラックバス用ベイトロッドで長さは1.96mで自重は99gです。硬さはライトタイプです。スペック上は1/16ozのスピニングで使用するような軽量ルアーまで使用できる設計になっております。

特徴

ダイワクロノス651LBの特徴は”このロッドでベイトフィネスを簡単に体験できる”ということです。スモラバや軽量ワーム、極小メタルジグまで自由に使いこなすことができます。繊細な仕上がりながらパワーも兼ね備えています。

インプレ

ダイワクロノス651LBのインプレで”弾性が低い”ことが書かれていました。バスがルアーを咥えた時に違和感がなく、ルアーをはじきにくいのです。特に冬や春先などで、バスの活性がまだ低いときはこのような低弾性のロッドは重宝します。また、”40㎝オーバーのバスでも抜き上げられる”との報告もあり、パワーも十分です、

ダイワクロノス④661MBの特徴とインプレ

ダイワクロノス661MBは全長が1.98mで自重が119gのバス用のベイトロッドです。バス用ですがシーバスのライトな釣りまではこなします。硬さもミディアムで癖がなく、長さもあるのでロングキャストに向いています。特に行動範囲の小さいオカッパリアングラーはロングキャストで釣果に差が出ます。

NEXT 特徴