ヘビキャロロッドのおすすめ15選|選び方や使い方のコツを抑えて大遠投しよう!

ヘビキャロは、琵琶湖・霞ヶ浦などの大規模なフィールドでのビックバス狙いに注目されている釣り方です。通常のバスロッドより長く硬い、やや特殊なロッドが必要となる為、本記事ではヘビキャロに適したおすすめロッドをご紹介します。

この記事をかいた人

春はバス、夏はシイラ、秋はシーバス、冬はトラウト オールシーズンのルアーフィッシングを初め、キャンプやバーベキューなどのアウトドア全般が大好きです!

ヘビキャロはロッド選びが重要!

ヘビキャロを使う上で重要なのがロッド選びです。重い仕掛けを遠投するには、それだけ長くパワーのあるロッドを使う必要があります。とはいえ、どの長さ・どの硬さが良いのか、どのメーカーのものを選べば良いのかなど疑問があるかと思います。まずはそもそも「ヘビキャロ」とは何かをご説明いたします。

ヘビキャロとは

へビキャロとはヘビーキャロライナリグの略で、その名の通り1オンス前後のシンカーを使ったキャロライナリグを仕掛けとした釣り方です。重めのシンカーは飛距離を出すことが可能なため、岸から離れた沖のディープエリアに潜むバスを狙うことができます。キャロライナリグについては下記の記事を参照下さい。

キャロライナリグについてはこちら

ヘビキャロは初心者でも楽しめる

ヘビキャロと聞くとバス釣りに慣れた人向けのようなイメージがあるかもしれませんが、まずは遠投さえマスターしてしまえば、特に大きなアクションは必要とせず、基本的には湖底をズル引きで誘うような意外とシンプルな釣り方なので、初心者の方でも十分楽しめる釣りでもあります。

ヘビキャロの魅力

まずはオカッパリから沖合いのボトムエリアに潜むバスを効率よく狙うことができる点が大きな魅力です。長い距離と様々な地形を探ることができるため、バスへのアピールチャンスも増え、キャッチできる可能性も高くなります。また比較的スローな釣りなので、広大な景色を眺めながら、のんびりと釣りが出来る点も一つです。

ヘビキャロロッドの選び方

重い仕掛けを遠投するには、それ相応の長さと硬さを持ったロッドが必要となります。へビキャロ用のロッドといってもヘビキャロ専用というわけではないので、ビックベイトでバスを狙う際や、フロッグ系で雷魚を狙う際などにもにも使うことができるので、一本持っておくだけでもお勧めです。

ヘビキャロロッドに適した長さ

長さは基本的に7フィート以上のロッドを使用します。特に琵琶湖や霞ケ浦などのビックレイクはでは、岸から沖合まで遠投するためには、ある程度の長さが必要となり、また沖合でのバイトにしっかりとフッキングさせる為にもそれなりのストロークが必要となります。

ヘビキャロロッドに適した硬さ

NEXT ヘビキャロロッドに適した硬さ