ヘビキャロロッドのおすすめ15選|選び方や使い方のコツを抑えて大遠投しよう!

ヘビキャロロッドに適した硬さ

硬さはMH(ミディアムヘビー)からXH(エクストラヘビー)がお勧めです。1オンス前後の重めのシンカーをフルキャストするためには、それなりの硬さのあるパワーを持ったロッドでないと耐えられません。またボトム付近でバイトさせる事が多いため、場合によってはウィードごとバスを引き抜く必要があります。

おすすめヘビキャロロッド15選|シマノのヘビキャロロッド

シマノのロッドと言えばゾディアス、エクスプライド、バンタム、そしてハイエンドクラスのポイズングロリアスやワールドシャウラなど、様々なバスロッドが発売されています。基本的にどのシリーズのロッドも使いやすいので、「高価 イコール 良い」という考えに偏らず、自分に合ったロッドを選ぶことが大切です。

シマノ エクスプライド 172MH-2

 

シマノ(SHIMANO) バスロッド エクスプライド 172MH-2

Amazonで見る

シマノのバスロッドで価格と性能のバランスを考えたときに、まず候補に挙がるのがエクスプライドです。172MHはパワーと遠投性能がプラスされ、トルクフルでもありながら、ロッドテーパーはレギュラーファストなのでしっかり曲がってくれます。(長さ:7.2ft 硬さ:MH 参考価格:30,780円)

シマノ バンタム172MH

シマノ ベイトロッド バンタム ベイト バス 172MH 7.2フィート

Amazonで見る

こちらも上記のエクスプライド同様、スペックは172MHとなりますが、エクスプライドに比べやや重量があり全体的に芯がしっかりしている感じです。その点ビシっと決まるキャストができ、またトルクもあるので、総合的に安定したロッドです。(長さ:7.2ft 硬さ:MH 参考価格:32,200円)

シマノ ポイズンアドレナ172H

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズンアドレナ 172H

Amazonで見る

ハイエンドクラスの性能を持つバスロッドです。フルカーボンモノコックグリップ(グリップ全体がカーボン)を採用したことでロッドの感度が非常に高いため、ボトムの地形変化やバスがアタックしたときの感覚が分かりやすく、まさにヘビキャロに最適なロッドです。(長さ:7.2ft 硬さ:H 参考価格:33,507円)

おすすめヘビキャロロッド15選|ダイワのヘビキャロロッド

日本の釣り業界でシマノと並ぶメーカーといえばダイワです。機能性およびデザイン性の高いウェアーやキャップなど釣り用のアパレル商品なども積極的に手掛け、日々業界をリードしています。もちろんバスロッドも数多く販売されています。

NEXT ダイワ ブラックレーベル 772HXHFB