テントクリーニングでテントを守る!プロの技と料金など詳細をチェック

テントを使っていると「汚れてきた」「撥水効果が薄れてきた」等、悩みや不満が出てきませんか?でも自分でメンテナンスするには広い場所が必要…そんな不安を解消する為にテントクリーニングをしてみませんか?今回は加工や料金などに関するアレコレをご紹介します。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

テントもクリーニングが必要なの?

服をクリーニングに出したことがある方は多くいらっしゃるでしょうが、キャンプに使用するテントをクリーニングに出した経験のある方というのはそこまで多くないかもしれません。テントも布ですので、綺麗に使い続けるためにはクリーニングを行う必要があるのです。

濡れたらきちんと乾かしていますか?

テントは雨が降ってきたとしても内部に居れば濡れずに過ごすことができますし、耐水圧がしっかりしていればたとえ大雨で激しく降ってきたとしても浸水してきてしまうような心配もありません。そうやって濡れた後、乾かさなければ当然濡れたままとなり使用上は良くないことになります。

自宅でメンテナンスしてますか?

高品質なものであれば1つで数万円は下らないテント。ロープライスのモデルもありますが値の張るものを使用されている方はそうそう買い替えなど検討しないでしょう。故に自分でのテントのメンテナンスというのは非常に重要で、怠ればテントの質を低下させることに繋がっているのです。

撥水やUV機能が落ちてきたと感じたら

水をはじく撥水や暑い日差しの中でも紫外線をカットしてくれるUVカット。こういった機能が備わっている点とは多々ありますが、もしこの機能が購入当初と比較して落ちてしまっていると感じたのならばそれは手入れが行き届いていないか、クリーニングの必要があるということの証拠でもあります。

テントをクリーニングに出すメリット

ご紹介しました通りテントは手入れも何もなく使い続ければどんどん性能が落ちていってしまいます。そしてそんな品質の低下を防ぐためにもクリーニングは非常に重要なのですが、それではそれを行うことによってどんな効果が得られるのでしょうか。続いてはクリーニングをするメリットをご紹介します。

カビ防止

まず1つ目に挙げられる効果がカビの防止になります。なんども雨に濡れてしまうとテントの表面にカビを発生させてしまう要因になるのですが、クリーニングを行うことによって発生してしまうのを防ぎ、清潔な状態で保つことが可能となるのです。

撥水加工

水をはじくことのできる機能である撥水加工。その加工がされているモデルは多くラインナップされていますが、何もしなければこの機能は低下していってしまいます。失われれば水を弾けず濡れたままとなりますが、この機能もクリーニングの中で本来の状態に戻すことができるのです。

UV加工

NEXT UV加工