巨乳症はどんな病気?普通の巨乳と違う?原因や実在する人たちも紹介

胸が普通では考えられないほど大きくなってしまう巨乳症。実は世界でも多くの人が発症している病気です。巨乳症は何が原因でなってしまうのか?具体的にどういった症状が出るのか?また年齢や性別に特徴はあるのかなど、実際になった人も紹介しながら迫ります!

この記事をかいた人

意外と知られていないマニアックな情報をわかりやすくお届けします!

「巨乳症」とは?胸が大きくなり続ける衝撃の病気!

Anemone123 / Pixabay

単に「胸が豊か」などといった表現では済まされない特異症状を表す病気が、巨乳症です。世の中には、病気によるバストの特徴をポジティブに活かして生きる人たちがいる一方で、巨乳症という病から心に深い傷を抱えてしまうケースも少なくありません。

巨乳症はどんな症状?

RobinHiggins / Pixabay

正式な病名は「乳腺肥大症(にゅうせんひだいしょう)」で、一般的な成長に伴う乳房の発達とは比較にならないほど胸が肥大し、大きすぎるバストゆえに日常生活にも支障をきたす症状に見舞われます。また女性だけでなく男性であっても巨乳症になるケースがあり、非常にセンシティブな要素をはらむ病気でもあります。

巨乳症で大きくなるのは乳房だけじゃない

caro_bouchard / Pixabay

症状が出現する年齢や性別によっては乳房以外の部位に病的で深刻な変化が見られるのも、巨乳症の特徴です。乳首や乳輪・陰核が肥大し、人によっては急に陰毛が生えてくることも珍しくありません。

巨乳症の発生率は?

Graehawk / Pixabay

発症の可能性があるキャリアーを含め巨乳症を発症する確率はおよそ0.06パーセントだと言われており、2000人にひとりの確率で巨乳症を発症している計算になります。計算上では、稀な血液型として知られるAB型Rh(ー)を有して生まれる人の割合と同等の確立になります。

巨乳症はいつ発症するのか?

Free-Photos / Pixabay

ひとたび発症すれば肥大し続ける胸に悩まされなければならない巨乳症。では一体、いつ頃発症する病気なのでしょうか?現在までに報告されている例を参考にしながら、病の特徴をさらに深掘りします。

思春期に発症することが多い

clicjeroen / Pixabay

巨乳症と大別される病気は、発症時期によって別名が存在しています。ひとつは「思春期乳腺肥大症」で、おおむね10歳ごろから始まる思春期に発症するものを指します。ただし、乳房の膨らみといった身体の変化は思春期に見られる第二次性徴の特徴でもあるため、気づかないうちに軽度の思春期乳腺肥大症を発症しているという人もいます。

成人してからや更年期でもなる可能性がある

Pexels / Pixabay

特異な胸のふくらみのが思春期に多く現れるとはいっても、限定されないのが巨乳症の特徴です。症例の中には成人も多く含まれており、妊娠期や身体的な老化が加速し始める更年期でも巨乳症を発症するケースが確認されています。

小学生や幼児、赤ちゃんでもなる!?

NEXT 小学生や幼児、赤ちゃんでもなる!?