チニングラインのおすすめ9選!種類ごとの特徴や太さの選び方も徹底解説

 サンヨーナイロン ライン アプロード GT-R ピンクセレクションの特徴

ラインの色がピンクと視認性に優れたナイロンラインなので、視覚トレーニングにもなり感覚が掴みやすいこともあり、初心者におすすめのナイロンラインです。人から見ればピンクで捉えやすいですが、半透明でもあるので魚からは見えにくくなっています。

サンヨーナイロン ライン アプロード GT-R ピンクセレクションの魅力

感度・伸縮性に特化したラインで、耐摩耗性も他のナイロン製品の20倍と強度がしっかりとしています。また、ピンクラインなので自分の目で確認しながら釣りができ、視覚でチニングを楽しめます。このラインで感覚を掴み、他のラインに挑戦してみても新たな釣りスタイルが発見できそうです。

チニングラインのおすすめ9選③海平

サンライン(SUNLINE) ナイロンライン 海平 500m 3号 スチールグレー

Amazonで見る

サンライン海平の特徴

ボビン巻きを採用していますが、この海平のナイロンラインは根ズレに強く、結束力もあるので、チヌはもちろんシーバスなど大きい魚狙いにももってこいです。中級者や上級者に人気の玄人専用ラインです。そして価格も安く、号数によって変わりますが、長さがありながら1,000円しないのでマメに巻き替える方にはおすすめのラインです。

サンライン海平の魅力

海平のラインはスチームグレーのカムフラージュを使用しているので、水中では目立ちにくく、魚にも気付かれにくいです。そして、抜群の強度と結束力もあるので、根ズレにも強く、大物を狙っての使用にはもってこいです。普通のナイロンラインだとボトムには向いていませんが、耐摩耗性にも優れているので、ボトムにも利用出来るラインです。

チニングラインのおすすめ9選④G-soul X8

YGKよつあみ リアルスポーツ G-soul スーパージグマン X8 300m 0.6号 10mX5色 (ygk-336811)

Amazonで見る

よつあみ(YGK)G-soul X8の特徴

X8とは、8本撚りのPEラインです。特に、よつあみから発売されているラインはPEラインの中では群を抜いてハイスペックです。その理由としてはよつあみ社のWX組工法と呼ばれる独自の技術で撚られており、8本の単糸を左右対になるように4本ずつ組まれています。

よつあみ(YGK)G-soul X8の魅力

安定性や耐久性、強度が優れているハイクウォリティのPEラインです。PEラインの中では群を抜いて優れているので、上級者にも満足して使ってもらえます。PEラインはナイロンラインやフロロラインに比べ少し値は張りますが、このよつあみのラインはPEラインの中ではお手頃な価格なので、手に取りやすいです。

チニングラインのおすすめ9選⑤インターナショナル シーバスPE パワーゲーム

東レ(TORAY) PEライン 1号 18lb 8.5kg 8本 150m シーバスPE パワーゲーム ホワイト

Amazonで見る

東レインターナショナル シーバスPE パワーゲームの特徴

東レのPEラインはコーティング剤不使用なので、強度と柔らかさがウリのラインとなっています。PEラインは本来コーティングされているので、強度が弱いのが当たり前でした。加工を変えるだけで、強度を上げたり柔らかさも出たりと上級者からも絶賛されているラインです。

NEXT 東レインターナショナル シーバスPE パワーゲームの魅力