スタッキングマグおすすめ18選!日常やキャンプで使えるおしゃれな便利カップ

陶磁器

最後は琺瑯製など陶磁器系の素材を使ったマグです。こちらはチタンやプラスチックが軽量出会ったのに対し重量があるので重さではアウトドアに向いていませんが、その分お洒落なものがおおいためお洒落なアイテムとしてこだわりのある方におすすめできます。

スタッキングマグを買う前に②スペックから選ぶ

マグに限らずですが、素材ごとの特徴を簡単にご紹介しました。素材から選ぶというのももちろん良いのですが、実用を考えるのであればもっと詳細なスペックを見て選ぶことをおすすめします。ということで、スペックから見る選び方を紹介していきます。

容量はどのくらいにするか

まずはマグ自体の容量がどれくらいあるのかを見ましょう。大きければ当然それだけ入れられる量も増えますが、逆に嵩張ってしまいます。ですので自分がそのマグを一回でサッと飲み切るために使用するのか、それともスープなども入れて多用するのか使い方を想像してみましょう。

保温・保冷機能はあるか

続いて保冷や保温機能はあるのかどうかです。これについては素材でご紹介しました通り二重のステンレス構造のものはこの機能に優れており、熱い飲み物を入れても持ち手が熱くならないという利点もあります。

電子レンジは使えるか

最後に、電子レンジに入れて使うことができるのかです。キャンプ中に電子レンジなど使う場面は想像できませんが、もしそのマグを日常生活でも使用するのを想定するのであればこれも大事な選び方のポイントとなります。

スタッキングマグおすすめ18選①使いやすいステンレス4選

ここまではスタックすることのできるアイテムの素材ごとの特徴や、スペックを見ての選び方についてそれぞれ簡単にではありますがご紹介しました。それではここからは、本題であるおすすめしたいスタッキングマグのモデルを素材ごとにご紹介していきましょう。

natural spirit(ナチュラルスピリット) スタッキング マグカップ

natural spirit(ナチュラルスピリット) スタッキング マグカップ 10285

Amazonで見る

まずは、ナチュラルスピリットの「スタッキングマグカップ」になります。スペックにありますとおり素材にステンレスを使用し、素材の選び方の見出しでご紹介しましたように頑丈さや錆びにくさなどに秀でているマグカップです。

ちょうど良い持ち運びに便利なステンレスカップ

こちらのモデルは屋外で使用すること前提として扱いやすさや機能性を第一に考え追及した、要ってしまえばシンプルなマグカップです。もちろんスタックができるので収納する時はコンパクトにでき、取っ手も持ちやすくかつ引っ掛けたりしやすいようになっています。

スペック

  • 容量:300ml
  • 直径:76mm
  • 高さ:82mm
  • 重量:100g
  • 素材:18-8ステンレス
NEXT カクセー SORA(ソラ) スタッキングマグ 4pcs PP-03