キャンプベッドおすすめ25選!ベッドがあればキャンプでも熟睡できる!

ハイタイプとロータイプは意外と大事

次にサイズに関係するハイタイプかロータイプのどちらにするかです。寝心地はもちろんですが、次にテントとのサイズ感も合わせて考えましょう。ハイタイプは足場が長く、テントの中に入れると存在感は大きいものです。その結果、窮屈に感じてしまい、寝転がった時も非常に窮屈になると圧迫感を感じる原因にもなります。

収納性と携行性も大事

キャンプベッドはべ心地を考えて用いるアイテムですが、中にはコンパクトになりにくい藻のもあります。コットの場合は組み立て式であれ折り畳み式であれ、他タイプと比べると荷物が多い部類です。インフラーターモデルであれば比較的コンパクトなものもあるので、ソロキャンパーやツーリング時などに使用する場合は収納性と携帯性も重視しましょう。

寝心地をさらに向上するコツも知っておこう

紹介したタイプ別のアイテムですが、これらを単品で使用しても寝心地は提供してくれます。しかし、より向上させていい眠りにつきたいのであれば、少し工夫するだけで得られる方法があるので、快眠のコツを知っておきましょう。

コット使用は季節も選ぶ

コットを使用する場合、まず季節を確認しましょう。コットは地面からの熱は防ぐことはできますが、そもそも寒い環境で寝るのであればコットだけでは心もとない場合もあります。その場合、やはり保温性能などはシュラフの方に軍配が上がりますので、違うアイテムで乗り切る方法が必要になります。

コットとマットで寝心地アップ

コットとマットを用いればさらに快適度が上がります。先ほども照会したようにコットでは地面からの断熱はできても保温性能はいまいちです。そこでマットを併用することで、さらに保温性能を高めることができます。

エアベッドの場合はシーツも選ぶ

エアベッドを使用したいと考えている人であれば、シーツなどにも注目することで、より快眠を得られるようにもなるでしょう。そのサイズに合ったシーツも多いので、肌触りも良くなり体を包み込んでくれるベッド作りも楽しむことができるはずです。

キャンプベッドのコストにも注意を!

アイテムを選んでいくと、またいろいろ組み合わせて快適なべどこを用意しようとするとどうしてもコストがかさんでいきます。熟睡したいとはいえ、キャンプはそのほかのアイテムも合わせて準備にはコストがかかるものなので、ベッドだけにかけてられないという人はコスパにも注意しましょう。

アウトドア便利グッズに関する記事はこちら

折りたたみ式キャンプベッドおすすめ8選!

種類の把握と選び方のポイントを抑えることができたところでおすすめ商品ラインナップも具体的なものを抑えていきましょう。種類が豊富な中からベストなものを見つけるのは意外と難しい物、この情報をもとに最高の相棒を見つけられるようにしたいものです。

NEXT キャプテンスタッグ フォールディングベッド M-3465 折りたたみベッド