蟲姫ってどんな漫画?ネタバレ・感想など紹介!蟲を司る美少女の正体とは

『蟲姫』はホラー作家の外薗昌也を原作者に、繊細なイラストを描く里見有を作画に迎えた作品です。本作は美しすぎる転校生が主人公を手に入れようと巻き起こす悲劇を全3巻で描いた作品となっています。この記事では『蟲姫』のネタバレや感想、そして美しき転校生の正体など紹介!

この記事をかいた人

65歳の男性です。会社勤めを退きましたが、様々なテ-マについて情報収集しながら記事作りすることが好きで取り組んでいます。

蟲姫はどんな漫画?外薗昌也さん原作のホラー作品

800bikuni / Pixabay

その発するフェロモンで人や虫さえも魅惑する美しい女子転校生が一人の男子の愛を追い求めます。しかしその正体は、人を捕食する怪物でした。

ホラー漫画のヒットメーカー外薗昌也の原作で、俊英里見有が人智を超えた少女の慟哭を峻烈に描き出す、新世代ホラー漫画です。ネタバレ紹介もしていきます。

蟲姫のあらすじ・登場人物などの基本情報について紹介!

出典:PhotoAC

主人公・陵一とヒロインの転校生・聴久子、その正体は「蟲姫」であることを明かしつつ物語が進んでいきます。虫絡みのグロテスクなシーンも踏まえ、順を追ってネタバレも交えつつ、あらすじ紹介をしていきます。

蟲姫は主人公・陵一の悪夢に聴久子が登場することから物語が始まる

TheDigitalArtist / Pixabay

高校生の陵一は毎晩、同じ悪夢にうなされていました。それは川舟に乗った陵一が川の流れに身を委ねているのですが、周りにも自分と同じような舟と人達がいるのです。

しかし、他の舟は次々と沈没していき陵一だけが残ります。そして、美しい女性が陵一に接吻しようとするところで目覚めます。このようなことを繰り返すうち、ある日事態は急展開します。陵一の通う学校に転校生がやってきました。その顔に、陵一は衝撃を受けました。

あまりの美しさから転校生・聴久子に夢中になるクラスメイト

xusenru / Pixabay

聴久子と名乗るその転校生は、夢の女性と瓜二つだったのです。恐怖を覚える陵一とは対照的に、周囲の反応は彼女に好意的なものでした。

つまり、彼女は抜群の容姿と運動神経に加え、面倒見も良いことから一躍学校の人気者になっていくのでした。

町に訪れた異変?大量発生する虫と不審な聴久子

ivabalk / Pixabay

担任の教師が指導のため、聴久子の身体を掴んだ時、手に激痛が走りました。聴久子は何事もなくその場を立ち去り、教師の方も自分の気のせいと考え、やり過ごしましたが、後日、痛めた手が蜂に刺されたように腫れ上がりました。時を同じくして、陵一が住む地域では大量の虫が目撃されるようになります。

ある日、聴久子は下心丸出しの中男性とカラオケボックスに行き、腕から針のようなものを出して、頭頂部に刺します。その後、陵一は道で倒れている聴久子を発見し、看病のため自宅へ連れ帰ります。

聴久子の正体をめぐって物語が進んでいく

adamkontor / Pixabay

しかし、ここから悲劇が始まり、聴久子の正体が暴露されます。陵一は意識を回復した聴久子に襲われます。陵一の口腔内から触手をねじ込み、脳内麻薬と呼ばれる物質を注入し、半麻痺状態にしてしまいます。

加えて、それを発見した母親は聴久子に殺されてしまい、陵一は軟禁され脱出できない状態となります。しかし意外な形で、そんな陵一に救いの手が差し伸べられます。

蟲姫の1巻のあらすじ・ネタバレを紹介!

NEXT 蟲姫の1巻のあらすじ・ネタバレを紹介!