ヒサルキとは?2ch史上最恐最悪の怪談の正体と真相を徹底解説!

ヒサルキとはどんな存在か知っていますか?それはネットに投稿された別々の投稿に共通する奇妙なキーワードです。この記事では最恐最悪の怪談ヒサルキについて詳しく解説していきます。

この記事をかいた人

車中泊できる車で色んな所に旅に出たい今日この頃。綺麗な景色をみるのが好きです。

ヒサルキとは?

KELLEPICS / Pixabay

恐怖の存在としてネット上で有名になったヒサルキですが、その存在は謎な部分も多くあります。

また様々な投稿に共通しているのは憑りつかれてしまう点で、憑りつかれると多くのパターンで体を乗っ取られるなどの良くない事が起こります。

元々はネットに投稿された話

janeb13 / Pixabay

ヒサルキはインターネット上の掲示板に投稿が元になっています。

まとめサイトで人気の洒落にならない怖い話『洒落怖スレ』などで有名になった事で広く知られるようになりました。

いくつかの呼び名がある

Settergren / Pixabay

ヒサルキはその存在の呼び名がいくつもあるのが特徴です。インターネット上に投稿されているだけでも『ヒサルキ』『ヒサユキ』『きらきらさん』『ヒサル』など様々な呼び名が挙がっています。

それ以外にも似たような存在を合わせるとその呼び名はとても多くなります。

別々の投稿に奇妙な共通点がある

stux / Pixabay

この話の最大の特徴は別々に投稿された話に共通点がおおく、同じような体験をした人も多くいる点です。またいくつかの話を別々の視点で見た投稿者が、それぞれ別々に投稿された様に思える話もあります。

インターネット上に投稿される話は単体の物が多いだけに、他の話とは一線を画している点が特徴的な話です。

ヒサルキ『保育園編』のあらすじ

Free-Photos / Pixabay

この話は知り合いの保育士から聞いた話として投稿されました。この投稿はお寺が運営している保育園で起こった話です

お墓の柵に様々な生き物がささっていた

MabelAmber / Pixabay

この保育園はお寺が運営していた為、お墓が隣接しています。

そこで、子供たちがお墓に入っていたずらをしないように柵を設置していたのですが、ある日を境に柵に生き物が刺さっているようになりました。

初めは虫やトカゲ

初めに柵に刺さっていたのは虫やトカゲなどの小さな生き物が多く、園児やお寺に来た小学生いたずら、鳥の仕業などと考えていて誰もあまり深くは気にはしていませんでした。

事態は悪化し保護者会議が開かれる

StockSnap / Pixabay

しかし、日に日に柵に刺さっている生き物が大きくなっていきました。モグラや猫など普通ならあり得ない動物が刺さる様になった為、保護者会議が開かれました。

ダラダラと会議は続きましたが、結局犯人の目星も対策もはっきりせずうやむやなまま保護者会議は終わってしまいます。

飼育していたウサギまで犠牲になる

しばらくしたある日、保育園で飼育をしていたウサギが柵に刺さって死んでしまっていました。保育士が掃除した時には柵には何もなく、不可解な状況で事件は起きていました。

子供たちは『ヒサルキ』がやったと言い出す

NEXT 子供たちは『ヒサルキ』がやったと言い出す