ロールテーブルおすすめ11選!コンパクトな持ち運び楽チンアイテムをご紹介!

キャンプテーブルをお探しの貴方へおすすめのローテーブルを11選紹介します。折り畳み式のタイプのものと比較するとよりコンパクトに収納できるのが最大の魅力です。おすすめしたいロールテーブルが有名どころをはじめたくさんありますので、ぜひご覧ください。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

ロールテーブルとは?

アウトドアで使用するテーブルと一口に言っても、通常のテーブルから折りたたむことができるタイプのもの、そして背が低く身にチェアなどと併用して活用するようなテーブルまで様々あります。その中にあって、これはどんなアイテムなのでしょうか。

ロールテーブルのメリットは?

まずはこのテーブルのメリットからご紹介していきましょう。まず一番の魅力は非常にコンパクトに収納して置けるということです。このタイプのものは丸めておき足もコンパクトにできますので、ほんの少しの収納スペースにほいと入れておくことができる、非常に収納性に優れているのが魅力です。

ロールテーブルの注意点は隙間

他にもいろいろとメリットがあるのですが、丸めておけるという特徴上どうしても隙間が生じてしまいます。これがあるとその間から隙間風が入ってきてしまったり、細いアイテムでその間を抜けられるほどのものだと隙間から落ちてしまう可能性もあります。

隙間が気になるならロールタイプの敷物で対策可能

もしこのテーブルの隙間が気になる、どうにかしたいというのであれば、ロールタイプの敷物を先に敷いておくことで対処法とすることができます。荷物を置く前に簡単な敷物を敷いておけば、本体が汚れてしまうこともありませんので衛生上もおすすめできるでしょう。

ロールテーブルの選び方

今回ご紹介するアイテムのメリットとデメリットについて簡単にではありますがご紹介しました。他にも非常にコンパクトなモデルがあったりサッと取り出せるなど色々と魅力はありますが、実際にこのアイテムを選ぶ際には重量を始めとしたいろいろな選び方が存在しています。

ロールテーブルはサイズで選ぶ

まずはテーブル本体のサイズを見てみましょう。もしファミリーでのキャンプといった4人以上で使用することが想定される場面で使用するのであれば、使用する人数プラス1人分の使用人数のサイズを選ぶと余裕を持って使えるでしょう。またソロで使うならば当然ながらコンパクトなものがおすすめです。

ロールテーブルは重量も重要

続いて、テーブルの重量というのも選び方において重要なポイントです。前述しました通りソロでロールテーブルを使いたければ1キロを切るレベルのものがありますので小さめのものをおすすめします。持ち運びの際、どんなサイズのものでも軽ければ軽いほど楽に運搬ができるからです。

ロールテーブルを素材で選ぶ

NEXT ロールテーブルを素材で選ぶ