トラウトラインのおすすめ20選!太さや色の選び方も!

伸縮度が高いとラインが切れづらい

これから紹介する内容に「伸縮度」というものが頻繁に出ます。この伸縮度が低い場合、繊細なラインの動きに反応しやすくなる代わりにラインが切れやすく扱いづらくなります。これからトラウトゲームを始める人は、ナイロン製などの伸縮性の良いものを使用した方がラインが切れづらいので覚えておきましょう。

トラウトラインの選び方

ライン選びは、トラウトゲームにおいて最も重要なポイントの一つです。初心者に限らず、ライン選びを怠るとトラウトが警戒して中々釣れなかったり、すぐにラインが使えなくなります。ここでは、ライン選びのポイントをいくつか紹介して行きます。

トラウトラインは視認性が重要

先程挙げたように、トラウトゲームではトラウトからのアタリを見極めることが重要になってきます。この時、アタリだと判断する基準としてラインの動きを見る方法があります。そこで重要なのはラインの視認性の高さです。ラインを見やすくすることで、繊細な動きにも素早く反応することが出来ます。

ただ、今挙げた方法はある程度トラウトゲームに慣れた人が行うものです。では、これから始める人は関係ないのかと言うとそうでもなく、視認性の高いラインを使うことで、ラインを結ぶ作業が透明なものと比べてスムーズに行えたり、風などの影響でおかしな方向にラインが動いてもすぐに対応できるなどのメリットがあります。

ラインの色は黄緑やピンクなどが見やすい

トラウトラインのカラーは色々ありますが、視認性を高くするという意味では黄緑やピンク、オレンジ色などがオススメです。因みにトラウトの警戒心を下げることが出来るクリア色がありますが、こちらは視認性が他のラインと比べて落ちてしまいます。ラインを選ぶ時、色に注目するとトラウトゲームでの使い易さが変わってきます。

トラウトラインは3lb以上がベスト

出典:DAIWA

トラウトラインで広く使われているのは3lb以上の強度がある物です。これは強度の低いラインは細くなり、トラウトからの強さに耐えられずに切れてしまうので、ラインを選ぶときは3lb以上のものを使用すると強度も十分あるので参考にしてみてください。

トラウトゲーム初心者はナイロンラインがおすすめ

出典:SUNLINE

トラウトラインの性能を最も左右するのは、素材による違いです。その中でも初心者向けのラインとしては、ナイロン製がオススメです。一番のメリットは、ラインが伸びやすく切れにくいので、他の素材よりも使いやすいところです。また、他の素材よりも安価で購入出来るので、もしラインが使えなくなってもすぐに対応できる点も魅力です。

他の素材は、場所や目標によって使用する

出典:PhotoAC

大抵のトラウトゲームを行う際にはナイロン製を用いれば良いです。しかし、時にはナイロン製でない方が良い場合もあります。例えばフロロカーボン製のラインは比重が重く感度が高いため、ラインを使ったアタリの見極めが行いやすく、ナイロン製よりも強度や耐摩耗性が高くて長持ちするという特徴があります。

また、比重が軽くて風などの影響を受けやすい代わりに複数のラインを編むことで強度が高くなり、飛距離が伸ばせるPEラインや強度は落ちるがアタリを見極める為の感度が高く、水に沈みやすいという特徴を持ったエステルラインなどナイロン製にはないメリットを活かすために、その時の目的に合わせてラインを選ぶ必要があります。

フロロカーボンラインとエステルラインの違い

ナイロンラインは扱いやすく一般向けで、PEラインは大物狙いの上級者向けと知られています。一方、フロロカーボンとエステルの二つはどちらも比重が高く、感度が良いといった似たような特徴を持っており、何が違うのか分かりづらいので、ここでは二つの素材について比較していきたいと思います。

NEXT 比重や耐摩耗性などはフロロカーボンが上