レインウェアおすすめ20選|タイプ別に一押しのレインウェアを厳選!

雨の日に快適に釣りを楽しむうえで不可欠なのがレインウェアです。防水透湿性と遮風性に優れたレインウェアは、雨の日の釣りでの使用はもとより、防寒目的でも大いに活躍してくれます。この記事では、レインウェアおすすめ20選をタイプ別に分けてご紹介していきます。

この記事をかいた人

キャンプ・山登りなどアウトドアが大好きです。天気が良い日は必ず自然豊かな場所へ出かけ、時間が無いときでも自宅の庭で簡易バーベキューなどをします。料理とお酒も大好きです。

目次

レインウェアの活躍の場は広い

Free-Photos / Pixabay

いまどきのレインウェアは他のウェア類に比べ、単に雨風から身を守るだけではなく使用する様々なシーンに合わせた加工などの様々な観点における工夫がなされていることをご存知でしょうか。そして防水性をさらに向上させ、またさらに快適な着心地を実現させたのが今回ご紹介するレインウェアたちです。

知っておくべき5つの性質

ju1959jjj / Pixabay

では具体的に、レインウェアの機能とは一体どれくらい進歩しているのでしょうか。おすすめアイテムをご紹介する前に、まずはレインウェアを選ぶ上で重要な構成している素材の知っておくべき「基本的な5つの性質」についてお話させて頂きます。

耐水性

artyangel / Pixabay

耐水性とは生地にしみ込もうとする水の力を抑えることで、レインウェアの一番重要な役割だと言える性質です。つまり、耐水性=防水機能ということになります。耐水性が高いほど防水機能に優れているということになります。

耐水圧

耐水性を耐水圧という数値にしてみます。耐水圧は、生地の上に1cm×1cmの水が入る筒を立ててその中に水を入れ何mmの高さまで水圧に耐えられるかという方法で出します。小雨で約300mmが必要と言われており、一般的な雨傘が約500mmなので普通に着用するのであればそれほど高いものを購入しなくても良いのでは?

人間の動きで耐水圧は変化する

Lazare / Pixabay

確かにただ雨を防ぐだけなら充分かもしれませんが、レインウェアは人が着用して初めてその機能を問われますよね。人は様々な動きによって体のあらゆる箇所に体重をかけます。例えば椅子に座ったり膝立ちをしたりした時に、その荷重圧によって必要な耐水圧が増加するのです。

耐水圧は実感できるのか

高機能なモデルでは耐水圧50,000mmなんていうレインウェアも存在しますが、いかに強い雨が降ったとしてもその時にかかる耐水圧は1,500mmほどが限界です。高山での暴風雨や猛吹雪などのような過酷な状況下ではない限り、その数値を機能として実感することはなかなかできないでしょう。

透湿性

jbom411 / Pixabay

透湿性は耐水性とは逆で、汗や水蒸気などで体が蒸れないよう水分を外に逃がす性質です。この性質が高いほど内側の蒸れやべたつきを防ぐ機能に優れているということです。これも透湿度という数値で「素材1平方メートルあたり24時間で約5,000gの水分を透過できる」ことを5,000g/m2/24hと表します。

透湿性と耐水性が両立する仕組み

基本的に生地は細かい網目状なので、外からの水も内へ通る構造になっています。水蒸気は暖かく湿った方から冷たく乾いた方へ移動する性質を持ち、ほぼ全ての状況で外気よりウェアの中の方が暖かく湿っているため外に水蒸気が抜けていくことになります。耐水性と透湿性が同時に機能するのは、この法則を利用しているからなんですね。

撥水性

PublicCo / Pixabay

撥水性とは生地表面に付着した水を玉のようにはじき、使用後には軽く振るだけで水滴が落ちてくれるという性質です。この撥水性と先ほどご説明した透湿性はいずれも使用する上での快適さを増してくれる性質だと言えます。

撥水性は補助的にも機能している

使用後に水滴が落ちやすいのもありがたい機能ですが、撥水性は水をはじくことで耐水性を上げたり透湿性の手助けを行ったりしています。生地表面が濡れて透湿度が下がってしまうこと、水を吸って重くなること、また水濡れによる体温の低下を防ぐなど様々な働きをしているのです。

防風性

NEXT 防風性