セイゴとは?生態から釣り方までをご紹介!

今回はセイゴという魚についてお話します。セイゴは知らないという方でもスズキは高級魚という事で知っている方も多いのではないしょうか?セイゴとスズキがどういう関係があるのでしょうか?セイゴは、釣りでは初心者でも狙いやすい、そして家族みんなで食べられるおいしい魚です。釣ってよし食べてよしのセイゴについて、いろいろ解説していきたいと思います。

この記事をかいた人

セイゴの生態・特徴は?

セイゴの生態

スズキは出世魚で、その小さいものがセイゴとなります。地域により変わりますが、一般的には30cm以下のものをセイゴと呼ぶ事が多いです。セイゴがフッコ(60cm未満)となり、フッコがスズキ(60cm以上)と名を変えて成長していきます。またセイゴより小さいものはコッパ(10cm程度)と呼ばれます。つまり、スズキもセイゴも同じ魚なんです。

セイゴの特徴

エラ蓋のところに鋭いトゲがあります。その対策としては、触る時には軍手をしておく事をおすすめします。ちょっと豆知識のような話が入ってしまいますが、その昔、魚はすべて海水にいましたが、一部の魚がエサを求めて、淡水に行きました。通常は海水魚は海でしか生きる事ができません。しかし、セイゴをはじめ一部の魚は淡水にも行く事ができます。セイゴ(スズキ)が臭いがキツいと言われるのは、川が汚いからで、成長してもその臭いはそのまま体内に残り続けると言われています。もちろん、きれいなところで釣れた魚は臭みも少なくなおおいしく食べる事ができますよ。

地域によって名前が違う!?

関西ではセイゴ→ハネ→スズキ、中部ではセイゴ→マダカ→スズキと呼ばれます。その他、幼魚の事を宮城県ではセッパ、若魚の事を山陰地方では中途半端という意味からチュウハンやとある車のCMで「あんちゃん」なんて呼んでいるものがありますが、兄弟の意味からアンサン、有明海ではハクラ、老魚の事を北陸地方ではニュウドウ、長崎県ではヌリと呼ぶ事があります。老魚のニュウドウやヌリはどちらも化け物という意味です。びっくりですね!

セイゴの生息地・分布は?

セイゴのどこにいる?

北海道南部から鹿児島までの幅広いに生息しています。海岸付近はもちろん、淡水にもいるので川でもセイゴを釣る事が可能です。川では一部ルアー釣り禁止のところも最近は出てきていますのでご注意下さい。高級魚というイメージの割にどこにでもいるという、少し不思議な魚だなと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

セイゴの旬・時間帯は?

セイゴは一年中釣れるけどいつがいい?

セイゴの最終体系のスズキは秋の季語でもあるなはご存知でしょうか秋の季語というのは今の暦だと夏になります。という事で、旬は6月から8月です。夜明け前や夕暮れ時のような真っ暗ではないけど明るくもない頃がおすすめです。また、どうしても暗い時間にしかできない場合は、電気ウキを使ったり、灯台の近くなど多少明るめのところをおすすめします。

季節や時間帯がよくても釣れない!?

そんな時は天候や潮の満ち引きはどうですか?セイゴはとても警戒心が強い魚です。なので、晴れの日よりも雨やくもりの日の方が、気配を消す事ができ、釣れる可能性があります。また満潮になる時間に向けて、エサを求めて動くので、満潮時間より少し前には釣れやすい傾向にあります。

セイゴの釣り方

セイゴを釣るには何が必要?

NEXT セイゴを釣るには何が必要?