ブラクリを徹底解剖仕掛けの基本構成やおすすめブラクリ&自作方法も!

根魚類を狙う仕掛けの代表的存在がブラクリです。ブラクリを使う釣り方は、シンプルなタックルと簡単な釣り方とで楽しめるのが魅力ですが、大物も狙えるポテンシャルを秘めています。この記事では、ブラクリ仕掛けの基本構成、おすすめブラクリ、ブラクリの自作方法を解説します。

この記事をかいた人

初めまして。shytaと申します。 釣り歴10年 いつも釣りの事ばかり考えている釣りバカです。 皆様に釣り情報をわかりやすくお教えします。 どうぞよろしくお願いします。

そもそもブラクリとは?

ブラクリとは、テトラポットの隙間に潜む根魚を釣るために考えられた仕掛けです。オモリにビーズと針がついている仕掛けになり、オモリの種類は丸い形の物やナス型の様な物までいろいろな種類があります。ブラクリで釣りは危険お伴います。テトラポットでの釣りになりますので足元がとられて落っこちたり、海が荒れていたら高波に攫われる恐れがあるので注意が必要。

ブラクリ仕掛けの基本構成は?

sonamabcd / Pixabay

ブラクリの仕掛けの構造はいたってシンプル。中通しの重りに糸を通してそこにビーズなどキラキラしたりユラユラしたりアピール出来るようなのを付け、最後に針を付けるだけのシンプルな作りをしています。

最近の市販で売られているブラクリはオモリの形状が様々な物から、餌を付けなくても釣れるような商品が出てきました。またブラクリの仕掛けは単純な作りをしているので自作するアングラーが増えてきました。

おすすめのブラクリをご紹介!

いろいろな種類がある中アピールはそれぞれ違いがあります。サイズ、形状、付属品、色、などこれらのメリット、デメリットを説明しつつ5種類の商品を紹介していきたいと思います。

おすすめブラクリ:その①

ささめ針ブラクリ4号

ささめ針(SASAME) VE803 ブラクリ 4

Amazonで見る

ブラクリの王道ソロバン型!

ブラクリの仕掛けといえばソロバン型が基本といっても過言ではないでしょう。テトラポットのような狭い隙間に落とし込むのもいいし、投げてずる引きで魚を誘ってもいいでしょう。根掛かりしづらい形状になってますので根掛かりを気にせず釣りを楽しむ事ができます。ただ赤色の塗装が施されておりますが、使っている内に剥げてくるので、100均などで売っているマニキュアで再塗装するのがおすすめです。

詳細

  • 色:赤
  • サイズ:4号
  • 形状:ソロバン型
  • 装備品:発光玉

おすすめブラクリ:その②

オーナーテトラ玉3号

NEXT オーナーテトラ玉3号