鬼怒川温泉の廃墟群に迫る!寂れてしまった理由と復活への希望

どこか廃墟群なイメージもある鬼怒川温泉。素晴らしい景色の立ち並ぶ温泉街は、なぜ廃墟となってしまったのでしょうか。バブル期からバブル崩壊まで観光客にあふれていたこの街はなぜ廃れてしまったのでしょうか、これからの展開で再興を目指す鬼怒川温泉の現状へ迫ります。

この記事をかいた人

新しい発見と少し刺激的な情報をお届けします。

鬼怒川温泉はどこにある?

鬼怒川温泉は歴史ある温泉街。1641年に鬼怒川の西側で源泉を発見。その当時の名前は「滝温泉」。1751年日光奉行が支配した後諸大名や僧侶達だけが入れる温泉でした。明治時代になり庶民も入浴が許され、後1927年に西側「滝温泉」東側「藤原温泉」を合わせ鬼が怒るような荒々しい流から「鬼怒川温泉」と現在の呼び名になりました。

鬼怒川温泉は栃木県日光市

鬼怒川温泉駅は栃木県日光市を流れるエメラルド色の鬼怒川の上流域にあり、都心から約2時間で行ける「東京の奥座敷」の一つと言われます。人気テーマパークが多数あり鬼怒川温泉駅から立ち寄れます。少し足を伸ばせば日光の文化財や川治温泉へも行ける便利な立地です。交通機関が発達して空港へもアクセスが便利になりました。

鬼怒川温泉駅までのアクセス

特急電車
 到着時間:約2時間10分・JR新宿駅発「特急スペーシアきぬがわ」「特急きぬがわ」・東武浅草駅発「特急リバティ会津」「特急きぬ」平日・土日休日・午後割・夜割の料金設定。 到着時間:約3時間(渋滞含まない)・宇都宮ICから日光宇都宮道路へ。今市インターから一般道で鬼怒川温泉へ。

鬼怒川温泉の人気スポット

栃木県といえば鬼怒川温泉と日光市まで含めた観光が有名です。そして新しいシンボルとなるSL大樹がこれからの日光と鬼怒川温泉地域の素晴らしさを伝えています。回転台ショーや撮影スポットなどで楽しむ電車・SL・写真が趣味の利用も増えました

「SL大樹」登場!

2017年8月に運行開始し土・日・祝日を中心に下今市駅~鬼怒川温泉駅を1日3往復しています。始発駅で行うSLの転車台ショーや付近での撮影などファンの方が楽しんでいます。SL全盛期の雰囲気を配慮して、運転席、客車、制服、リニューアルした下今市駅、SL展示館も全て期待を裏切らない懐かしさを大切にしたデザインです。

「鬼怒太の温泉」でリフレッシュ!

鬼怒川温泉駅前広場に無料で利用できる足湯です。周辺の鬼怒川温と同じ温泉が堪能できます。電車の待ち時間や散策の休憩など観光客や地元の人に広く利用されています。効能はルカリ性単純温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節炎などで歩き疲れた時にはぴったりな温泉です。

「鬼怒子の温泉」もあります。

NEXT 「鬼怒子の温泉」もあります。