ソロキャンプの始め方!初心者必見の道具の選び方や楽しみかたを紹介!

キャンプがポピュラーになり、ソロキャンプも人気がでてきました。グループキャンプなどと違い上級者向けのイメージがありますが、ルールとマナーさえ守ればすべて自由に過ごせる贅沢な時間を過ごせます。今回はソロキャンプを始めたい方向けに必要な道具や楽しみ方を紹介します。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

ソロキャンプの魅力

オートキャンプやファミリーでのアウトドアなどは実践された方も多くいらっしゃるかもしれませんが、まだソロキャンプをしたことが無いという方も少なくはないはず。ということで、まずはソロでキャンプをするのにはどんな魅力があるのかをご紹介しましょう。

不便を楽しむ

実際にやってみるとお分かりいただけるかと思われますが、一人でアウトドアをするというのはキャンプに限らず不便になります。人手が1人分しかないので当然といえば当然ではありますが、そういった不便な中でいろいろと楽しめることや利点も存在しているのです。

仲間内での気遣い無用

まず、誰かに気を遣う必要が無いということが挙げられます。何人かでキャンプをすればそれだけテントの設置など楽になることも多いですが、何かと気を遣うことも多いはず。ですがソロであればそんな仲間もいないため一人でやりたいようにやることができるわけです。

大自然をひとりでじっくり

キャンプ場といえば、自然に囲まれた環境です。そんな中で前述しました通り一人だけで過ごすというのは日常生活の中でなかなかないことでしょうから、一人でじっくりと普段は感じることのない自然を堪能することができます。

また、キャンプを始めるときや終わるときにも誰に確認を取ることなく行きたいと思えばすぐ行くことができますし、ちょっとロケーションが悪ければ自分の意思だけでやめることができることだってできるわけですので、非常に自由なスタイルであるともいえます。

自分の時間が沢山あって優雅に過ごせる

前の魅力の見出しでもご紹介しましたが、メリットでおそらく一番大きいのは自由な時間が多いということでしょう。グループでキャンプをすると必要な荷物も多く、準備しなければならないこともたくさんありますので気が休まる時間が少なくなってしまいます。

気ままに過ごせる

ですがソロであればそんなことは全くありません。サイトについたら全部の準備をしなければいけないということは全くなく誰に強制されることも何もありませんので、料理がしたければすればよいですし読書をしたければテーブルとチェアを用意するなどとにかく気ままに過ごせます。

また、キャンプというのは最初にいろんな装備を揃えなければいけませんので相応の費用が必要となりますが、一人、もしくは二人用のモデルであれば低価格なものが多いので、価格にこだわってやれば2万円から3万円程度でアイテムを揃えることも可能となります。

ソロキャンプにおすすめのキャンプ場とは

一口にキャンプ場といっても、全国にたくさんの特徴が異なる施設がたくさん存在しています。そんな中でどんな施設がソロでキャンプをするのに向いているのでしょうか。ということで続いては、おすすめできるキャンプサイトがどんなところなのかをご紹介していきます。

ねらい目は上級者向けのキャンプ場

NEXT ねらい目は上級者向けのキャンプ場