ソロキャンプの始め方!初心者必見の道具の選び方や楽しみかたを紹介!

ねらい目は上級者向けのキャンプ場

それは、上級者向けのサイトなのです。よりソロでアウトドア楽しむためには、人の目を気にせず自然の中で自由に過ごせるキャンプ場がおすすめなので、ファミリー向けの広いサイトなどよりも上級者に向いているような自然の中に作られたキャンプ場のほうがおすすめなのです。

初心者はレンタル品が充実しているキャンプ場を

ただし初心者となると事前に用意した道具だけでは足りない、忘れてしまったという時にどうしようもできません。そんな不便な状況をいかに乗り切るかも楽しみの一つですが、初めてならばキャンプ用品のレンタルが充実してるキャンプ場で改めて必要な道具を調べるのが安心です。

ソロキャンプに最低限必要な道具①テント

ここまではソロでのキャンプをするのにどんな魅力があるのかについてや、具体的にどんなサイトで実践するのがおすすめなのかなどを簡単にではありますがご紹介しました。ここからは、キャンプを実践するのに最低限必要になってくるアイテムをご紹介していきます。

1人用を選ぶポイント

まずはなにはともあれ居住区となるテントが必要となります。ソロでなくともキャンプをするならば必ず使うことになりますが、ソロで行う場合は一人用のものを選ぶよりも、2人用くらいのものを選んでおくと実際に使用する時に余裕ができて手狭にならずに過ごすことができます。

ハンモック泊も人気

もちろんテントを使っても楽しくキャンプをすることはできますが、最近はハンモックを使って宿泊するのも人気を集めています。これはテントよりも素早く簡単に設置ができるからで、タープと合わせるとしっかりした居住空間を作り出すことも可能となります。

ソロキャンプ向けテントに関する記事はこちら

ソロキャンプに最低限必要な道具②寝袋とマット

キャンプでも夜になれば眠る必要があるわけですが、家であればベッドや布団などを使うことはできても、キャンプサイトで同じものを使用するというのは難しい所です。そこで使うことになるのが、寝袋やシュラフ、そしてマットになります。

寝袋は妥協してはいけない

いろんな価格のものがいろんなブランドからラインナップしていますが、安易に安価なものを選ぶのは避けるべきです。なぜなら妥協したものというのは大抵性能もそれ相応のものになり、寒さで寝付きが悪くなったりしてしまいやすいからです。

快適性にはぜひマットも

加えてテントの上に直に寝袋などを置いて寝るというのはあまりおすすめできるものではありません。というのは、何も敷かないままだと地面の凸凹の影響を受けやすいからです。ですので、快適に睡眠をするためにインナーマットを準備しておくことをおすすめします。

NEXT ソロキャンプに最低限必要な道具③キャンプチェア