水子って知ってる?祟りの有無や供養の方法・気になる都市伝説についても紹介

水子は流産などで死んでしまった子供という意味で使われています。この世に生まれる前、あるいは生まれて間もなくわが子を失った母親の想いは想像を絶するものです。命の価値を見直したい今こそ水子について解説したいと思います。水子の存在を知りたい方におすすめです。

この記事をかいた人

水子ってどんな存在?

sbtlneet / Pixabay

「水子」という言葉からあなたはどんなイメージを抱くでしょうか。嬰児・心霊・地蔵など人によってさまざまですが、心霊現象や霊障などと絡められ昨今はマイナスな意味をもつ存在だと認識している方も多いことでしょう。

しかし実際はいかなるものなのか、日本の長い歴史上水子はどのような立場に置かれてきたのか、そもそも水子とはどのようなものなのか、ここでご紹介していきます。

本来は胎児や生まれて間もない子  

Sanjasy / Pixabay

本来水子は産まれて間もない赤子のことを指す言葉でしたが、仏教では流産した胎児に付ける「水子(すいじ)」という位号があり、それらの概念が合わさり時代が下るにつれいつのころからか流産や中絶によって亡くなった子供のことを水子と呼ぶようになりました。

水子という名前の由来には、イザナギとイザナミの子供であり、生まれてすぐ海に流された日本神話の神である水蛭子(ヒルコ)が元になっているという説もあります。

歴史的背景 

KasunChamara / Pixabay

江戸時代になると農村を中心に幾度となく飢饉が襲います。冷害などによる凶作に悩まされ、作物が極端に取れなくなります。東北ではその被害が凄まじく、多くの餓死者が出たことが資料や口伝等で今に伝わっています。

その際多くの間引きや堕胎などが行われ、墨田区にある回向院ではそれらの子供の供養の目的で水子塚が建立されています。そのような背景からも現在の水子のイメージが人々の中に形作られていったと考えられます。

日本における妊娠中絶の件数

hhach / Pixabay

近年米国で世界100の国と地域の妊娠中絶の件数に関する情報が発表され、各国の中絶合法化から現代までの人工妊娠中絶の詳細な件数が明らかになりました。それによると日本は1948年~2015年までに約4千万件を数え、上位10国のうち5位にランクインしています。飢饉の時代は過ぎ去りましたが、まだまだ私たちのまわりでは小さな命が失われ続けているという事実を深く胸に刻み込む必要があるのです。

水子に祟りはあるのか?

TheDigitalArtist / Pixabay

ネットの恐怖体験談や心霊系の記事などで水子の話題に触れる際に「供養をしなかったので祟られた」というような話を耳にしたことがある方も多いことでしょう。このような噂からオカルトめいた想像を持たれがちですが、果たして本当に祟りはあるのでしょうか。その風評の裏側には一体どのような背景が存在するのか、気になる真相に迫ります。

実は無いとされている

Engin_Akyurt / Pixabay

結論から先に述べれば祟りはありません。供養を執り行う寺院は全国各地に存在しますが、関係者はみな「穢れの無い子供の魂なので祟るということはない」と証言しています。また仏教の教えの中にも祟るという概念がなく、これは根拠のない噂だと言えるでしょう。

オカルトブーム時にささやかれる

kalhh / Pixabay

1970年代になると日本では空前のオカルトブームが到来します。テレビでの心霊番組や小学生を中心としたこっくりさんの大流行、スプーン曲げやノストラダムスの大予言などが社会現象となった時代がありました。その時代の流れに乗じて占い師や霊能者などが「祟りがあるから早く供養しないといけない」と親たちを煽り、水子の祟りを商法の一つとして喧伝していきました。

母親の罪悪感を利用した商売の側面

NEXT 母親の罪悪感を利用した商売の側面