津山三十人殺しの真相に迫る!犯人都井睦雄が起こした日本犯罪史上最も凶悪な事件とは

日本犯罪史上最も凶悪で世間を騒がせた「津山三十人殺し」を時系列を追って紹介しながら犯人「都井睦雄」がどんな人物だったのかに焦点を置き、津山三十人殺し事件は防ぐことができなかったのか、また犯人都井睦雄と問題の女性についても詳しく解説していきます。

この記事をかいた人

小さな村で起こった悲劇!津山三十人殺しとは

津山三十人殺し(通称・津山事件)とは、1938年(昭和13年)5月21日午前1時頃、岡山県北部に位置している苫田郡西加茂村(現津山市加茂町行重)の集落内で発生した大量殺人事件です。たった一人の青年がわずか1時間30分の間に30人以上を殺傷したという犯罪史上類を見ない前代未聞のこの事件の全容を明らかにしていきます。他の猟奇的殺人に関する記事は下記を参考にしてください。

犯行現場(岡山県)

jszg707 / Pixabay

現場となったのは岡山県苫田郡西加茂村内の貝尾と坂元部落、現在は津山市に含まれている地域です。のどかな山村で茅葺屋根の家々が山裾に点在していました。当時村人のほとんどが農業に従事して生活しており、雪の降る季節には男性は出稼ぎに出る習わしであったといいます。

犯人都井睦雄

pixel2013 / Pixabay

この事件を引き起こした犯人都井睦雄は大正6年加茂村内で誕生し、幼少期に両親を結核で亡くしたのち祖母に育てられています。小学校卒業後、実業補修学校に入学、1937年に徴兵検査を受けましたが不合格となっています。

被害者総数

TheDigitalArtist / Pixabay

わずか1時間半の間に死亡者は30名、負傷者は3名にのぼりました。現場は凄惨極まりない状況で、犠牲者の身体には大きな穴が開き、内臓が飛び出した見るも無残な状態で発見されています。彼らの死因は銃撃や斬撃による失血死やショック死で、重傷者も病院に搬送されたのち亡くなっています。

津山三十人殺し事件の時系列

maraisea / Pixabay

この未曾有の大規模殺人事件は果たしてどのように進んでいったのか。事件の裏側には犯人の緻密な犯行計画が潜んでいました。諸説ありますが、現在判明している被害者と犯人との関係に可能な限り触れ、かつ犯人都井睦雄の動向に注目しながらその経過を辿っていきます。

凶器の入手

都井は犯行用の複数の凶器を様々なルートで入手しています。事前に土地を担保に借金をし、知人のつてを頼って銃や弾薬を購入、日本刀などを収集家から譲り受け入手しました。この他にも入手先は判然としていませんが、家で日常的に利用していたと考えられている斧も犯行に使用されました。

駐在所までの時間を計測

O12 / Pixabay

都井は事件前、自転車を走らせ駐在所まで何度も往復しています。村の住民が異変に気付き救助を求める時間をあらかじめ計測していたのでした。警察が出動するまでに犯行を終わらせる必要があったためです。このことから彼が入念に計画を練っていたことが分かります。

送電線切断

NEXT 送電線切断