スカイキャンプで快適な車キャンプ!人気の車載ルーフテント徹底調査!

スカイキャンプのサイズ

続いてこのアイテムのサイズについてですが、展開時は210×218×110㎝、収納時は138×218×32㎝になり、延長用のボードを使用すれば使用人数は大人2人に子供が3人、もしくは大人が3人ほど入ることができるくらいの広さとなっています。

組み立て方

そして組み立て方についてです。まず本体のロックを外してテントをオープンの状態にし、ラダーを引き出してテントを立てた状態にします。最後に入り口の部分を組み立てることで、全ての設計が完了し中に人が入ることができます。

このように非常に組み立てるのが容易にできるというのもこのアイテムの大きな魅力で、わずか1分そこそこで使える状態にすることができるくらいです。特殊な工具などを使用する必要もなく、女性であっても組み立てをするのは難しくないレベルです。

スカイキャンプ人気の秘密①家族で使えるサイズ

ということで、スカイキャンプがどんなアイテムなのか、人気度や特徴、組み立て方といった具体的な製品の情報についてご紹介しました。ここからは、そんなスカイキャンプが人気を集めている理由について詳しくご紹介していきましょう。

広々空間でリラックス

まず、内部の空間が広々としていてリラックスして過ごすことができるというのが挙げられます。サイズの見出しでご紹介しました通り使用人数は大人2人と子供3人、または大人3人が入れるくらいのスペースで、実際想像以上にゆったりしたスペースがあってのんびりできます。

夜は空を見ながらお話

そして、こちらも特徴でご紹介しましたが空を見ることができるウインドウが丈夫に付属しています。ですので夜になったら星空を見上げながら過ごせるというロマンチックな時間を味わえ、またウインドウは透明ですが頑丈な素材ですので風や雨の心配も必要なしです。

スカイキャンプ人気の秘密②安心の高性能

アウトドアではいろんな可能性が考えられます。例えばキャンプをする場合、山に近いようなサイトであれば事前に予測していた天気予報とは異なり突然天気が悪化するということも十分にありますので、居住系統のアイテムにはそういった場合にも対応できる性能が求められます。

頑丈で耐久性に優れている

ですが、このスカイキャンプであればそれも問題にはなりません。メーカーで独自に耐久性能を調べるためのテストが行われており、その厳しいテストに合格したものだけが製品となっていますので、安心して使うことができるようになっています。

またフロアの部分には軽量でありながら強度の高いハニカムパネルが使用されており、耐重量も400キロ以上となっています。ですので、前述したように収容人数上限の大人や子供が数人入ったとしても十分に耐えることができるくらいの頑丈さを持っています。

雨風に強い防風、防水テント

そして気になるのが、風や雨への耐性はどうなっているのかということでしょう。まず雨に対してはルーフの部分が防水仕様の生地を使用しているので内部に水が入り込んでくるといったことを防いでおり、また雨よけをプラスして装備することもできるので対策は十分です。

続いて風に対してですが、こちらもメーカー内のテストで風速20メートルまでの風の耐久を行っているようです。このレベルの風というのは防風の警報が発令されるくらいに強力ですので、結構な風に吹かれたとしても持っていかれてしまうという事態は考えにくいです。

NEXT 走行に支障がなく軽量