野北漁港で釣りをしよう!エギングやアジングの情報やタックルをご紹介

野北漁港でのエギングのタックル ②ライフジャケット

プロックス フローティングゲームベスト 大人用(ブラック/レッド)PX399KR PX399KR フリーサイズ

Amazonで見る

野北漁港の大波止は、広い犬走では足場がよく、ファミリーフィッシングも楽しめますが、大波止の高い場所や犬走の細い場所もあります。また、大波止先端のテトラポットなどの足場の悪い場所は滑りやすいので、歩くときには万が一落水した場合のことを考えて、ライフジャケットがあると安心です。

野北漁港でのエギングのタックル ③リール

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 2506H-DH (2500サイズ)

Amazonで見る

エギングに適したリールは、軽量のもので、ラインの巻量が150m~200mあれば十分ですので2500番、3000番前後が適しています。6~8フィートのエギングロッドに、2500番台のリールを選び、エギングの際に気を付けたいラインのたるみを瞬時に巻き取るためハイギアである事、ラインブレイク(ラインが切れてしまう事)を防ぐためドラグ機能が良いものがおすすめです。

野北漁港でのエギングのタックル ④エギ

8本 エギング イカ 釣り エギ 夜光 2.5号 3号 3.5号 4号 4サイズ 選択可能

Amazonで見る

エギングでのエギの大きさは、春のアオリイカは、基本3.5号、大物を狙う場合は4.0号を使用します。秋の早い時期の小物を狙う場合は、2.5~3.0号も使いますが3.5号は一年中使えるため3.5号を中心に揃えると安心です。エギを選ぶときには、大きさの他には、動き、下地色、上布色の3つを見ます。

まず、エギを動きに注目して選ぶとすると、高さのある大波止のように深い場所ですと、エギの横の動きに上下の動きも大きく演出できる、先端に金具のある前アイタイプを選ぶのが一般的です。下地色は、太陽光の量によって反射重視の金や銀系と、シルエットや波長で見せる赤や青系に分かれます。

上布色も、インパクト系とナチュラル系に分かれます。朝方なのか夜なのか、これも太陽光の量や水の濁り具合、防波堤周りの水深によって選んでいきます。エギングにおすすめのエギについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

野北漁港でおすすめな釣り方をご紹介 ①アジング

日本各地の海で釣ることができ、美味しくいただける魚であるアジを釣る方法は、昔からサビキ釣りが主流ですが、最近ではルアーを使ってアジ釣りを楽しむことができるアジングが、大人気です。アジングは、お手軽な反面、アジの付き場を探したり、初心者には少し難易度が高い釣り方です。ゲーム性を楽しむ釣り方と言えます。

野北漁港でのアジング  1.時期とポイント

アジは、だいたいどのようなポイントでも釣ることができますが、アジを釣るために最も大切なのは、釣りをするポイントにアジが回遊していることです。常夜灯がある堤防などは、アジが回遊する狙いめのポイントです。アジングに適したポイントといえば、堤防やサーフ、ゴロタ浜が挙げられます。

しかし、サーフやゴロタ浜では、専用のタックルや仕掛けなどが必要ですので、難易度が高くなります。そのため始めは堤防から釣ることをおすすめします。

野北漁港でのアジングのポイント

野北漁港は、波止のような防波堤があり、港の出入り口がそれほど広くないためアジングを楽しむのに適しています。漁港内でアジは、あちこちに見られますが、流れのある場所を選ぶことも大事です。

NEXT 野北漁港でのアジングの時期