野北漁港で釣りをしよう!エギングやアジングの情報やタックルをご紹介

野北漁港でのアジングの時期

アジの、適水温16~20℃くらいなので、1年の中では、夏から秋にかけてがもっともよい時期です。地域差がありますが、野北漁港でも、夏から秋にマメアジが多く釣れます。下げ潮の夕イミングで流れが良く出て、アジの活性が上がるので、そこを重点的に狙っていきます。

野北漁港でのアジング 2.タックル

野北漁港では、ワームを使ったアジングが楽しめます。港内をメインに、あまり飛距離を出さなくても、足元でも釣ることができます。野北漁港の大波止のような防波堤でアジングをする場合、非常に軽いルアーを使うため、軽いルアーを投げやすいロッド、ロッドに合わせたリール、ルアーに合わせたラインが必要です。

野北漁港でのアジングのタックル ①ロッド

ダイワ(DAIWA) アジングロッド スピニング 月下美人 74L-S アジング メバリング釣り竿

Amazonで見る

おすすめのロッドは長さ5~6フィートくらいのアジングロッドです。硬さは、硬すぎ、柔らかすぎないロッドを選ぶことも重要です。野北漁港で多く狙えるマメアジは、基本的に表層付近に浮いていることが多いので、軽量のジグヘッドリグを使用します。ジグヘッドは1グラムを切るような、軽いものがおすすめです。

野北漁港でのアジングのタックル ②リール

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 レブロス 2004H-DH (2000サイズ)

Amazonで見る

リールはロッドとのバランスを考えます。比較的短く軽いロッドを使用し、扱うルアーも軽いため、1000~2000番台ボディのスピニングリールがおすすめです。

野北漁港でのアジングのタックル ③各種ルアー

メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ スロー ライト ショアジギング用 15g #4 ブルーピンク JPSLOW-15

Amazonで見る

アジングでは、小さなルアーを使用することが多いため、ライトなタックルと簡単な装備で男性はもちろん、女性や子供まで楽しむことができます。楽しむことができます。

アジングでは、ジグヘッドとワームを組み合わせた、ジグヘッド単体(ジグ単)と呼ばれるルアーを使用します。シグヘッドも軽いものを使用しますが、軽いジグヘッドは慣れるまでは扱うのが難しいものもあります。

野北漁港で夜釣りを楽しむ

夜になると暗くなることで魚の警戒心が弱まり、日中釣りにくかった魚も比較的釣れやすくなります。夜の方が活性が上がる魚が多くなります。エギングで狙うアオリイカなどは、暗くなるとエサを追い活性が上がるため大物が釣れる可能性も上がります。

NEXT 夜釣りの狙い目の時間帯