日光国立公園内のキャンプ場!「菖蒲が浜キャンプ場」の魅力に迫る!

菖蒲が浜キャンプ場での過ごし方

MabelAmber / Pixabay

本キャンプ場の周辺には豊富な自然と有名な観光地がたくさんあります。そんなキャンプ場での過ごし方について、いくつかのおすすめスポットを交えてご紹介します。

ハイキング①竜頭ノ滝

奥日光を代表する滝で、日光三大名瀑の一つにも数えられています。火山の噴火でできた溶岩の山を、210mにわたって流れ落ちる様子が竜に似ていたことから、この名前がつけられたと言われています。キャンプ場からは徒歩10分ほどですので、軽くハイキングがてら訪れてみてはいかがでしょう。

ハイキング②戦場ヶ原

広さが400haという広大な湿現で、以前は湖が存在していた場所です。野鳥が多く生息しており、350種類もの植物が自生するこの場所を2時間ほどかけて歩けるハイキングコースが整備されています。

湿原を見渡すことのできる絶景ポイントもいくつか設置されており、雄大な自然を体感できる場所です。キャンプ場からは徒歩で30分ほどなので、半日ほどかけてゆっくりハイキングを楽しむことができます。

中禅寺湖で水遊び

キャンプ場の目の前に広がる中禅寺湖を、豪華な遊覧船に乗って景色を楽しみながらクルーズするというのはいかがでしょう。湖は遊泳禁止のため泳いだりすることはできませんが、船の駅中禅寺を中心に湖を一周すれば、水上から自然を楽しむことができます。また、キャンプ場のある菖蒲が浜の船の駅からの乗船可能なコースもあります。

華厳の滝を見学

中禅寺湖の東側に位置する華厳の滝は、多くの滝がある日光でも最も有名です。高さ97mの岸壁から中禅寺湖の水が一気に落下するさまは壮大の一言です。

キャンプ場から車で15分ほどで行くことができますし、滝つぼ付近を間近に観ることのできる観瀑台までいけるエレベーターも設置されているので、一度見学されてみてはいかがでしょう。

温泉に行くなら早めの時間に行く

キャンプ場から車で25分ほど走ると湯元温泉にいくことができます。乳白色の単純硫黄泉で美肌効果もあるため、女性の方にもおすすめです。

日帰りで温泉を楽しめる施設もたくさんありますが、場所によって営業時間が異なります。15時くらいまでしか入浴できないところもあるため、事前に確認してから訪れることをおすすめします。

菖蒲が浜キャンプ場の売店・レンタル情報

自然を楽しめる場所や観光スポットが周辺にたくさんあることを分かっていただいたところで、もう一度キャンプ場の施設紹介に戻りたいと思います。

売店で軽食が買える

Pexels / Pixabay

場内の売店では、缶詰・カップヌードル・ワンカップ・ビール・お菓子などの食料品だけでなく、紙食器や箸なども買うことができます。ソロキャンプで食事にこだわらないのであれば、キャンプ道具だけで食材を持たずに行くことも可能です。

NEXT 現地でレンタルでいるものを事前確認