トムとジェリーの最終回があるって本当?原作の最終回と隠されざる最終回をご紹介

世界的に愛されているおっちょこちょいな猫のトムと、賢いネズミであるジェリーの送るドタバタアニメであるトムとジェリーには最終回が存在します。原作で記される最終回に加え、巷で噂となっている隠されざる最終回があるのです。この記事では共にどういった最終回の内容なのかを徹底的にご紹介させていただきます。

この記事をかいた人

暑がりで寒がりですがアウトドアが好きなライターです。興味を持って読んでいただけるわかりやすい記事を心がけています。

トムとジェリー最終回、その内容は?

アメリカのアニメーション界でウォルト・ディズニーに対抗すべくMGM社が製作した「トムとジェリー」は、1940年から80年近くも世界中の人々に愛されている超ロング・シリーズです。

アニメの内容

このアニメは攻撃的だけどどこか抜けているところのある猫「トム」と、体は小さいけれど頭脳明晰なネズミの「ジェリー」が主人公です。

ジェリーを捉えて食べようとするトムの策略を、毎回ことごとく見破り裏をかいていくジェリー。この2匹が繰り広げるユーモアたっぷりのドタバタ劇が、1964年の初放送以降、日本でも人気のアニメとなっています。

「夢よもう一度」の内容

トいつものように執拗にジェリーを追いかけ回していると、突然現れたブルドッグに捕まえられ、逆にひどい目に遭わされてしまう夢を見たトム。目が覚めて夢での出来事と安心しジェリーを追いかけ始めたところ、犬小屋から出てきた本物の「ブル公」に捕まり、夢と同じような目にあわされてしまいます。

これを機に仲良くなったジェリーとブル公を何とか引き離そうと、あの手この手を実行するもトムの作戦はことごとく失敗に終わり、更にひどい目に遭わされてしまう事に。とうとうジェリーを捕まえることを諦めてしまったトムは、自ら睡眠薬を飲みレコードを聴きながら眠りについてしまう、というストーリーです。

あくまでシリーズの最終回

Alexas_Fotos / Pixabay

トムとジェリーの最終回と言われているこの回ですが、これはあくまでも長く続くこの作品シリーズのなかで、ある期間のシリーズでの最終回ということです。

1963〜1967年までの期間は、有名なアメリカのアニメーション監督だった「チャック・ジョーンズ」が製作を担当していました。「夢よもう一度」は、いわゆるチャック・ジョーンズ期の最終話ということなのです。

本当に「夢よもう一度」の動画?

物心ついた頃からトムとジェリーを何気なく見て過ごしてきた記憶のある方の中には、シリーズの最終回なんてあったんだ、と思われた方も多いと思います。それと同時に、どんな内容だったんだろうかと、記憶を辿りながら動画を検索して見たのではないでしょうか。

原作の動画は検索から出てこない!

FirmBee / Pixabay

最終回が気になった方は、ぜひ「トムとジェリー」「最終回」で動画を検索して見てください。いくつかの動画が検索結果にヒットしてくると思います。しかし、すでに試された方はお分かりだと思いますが、動画の内容が何か違うのです。

最終回の検索で出てくる最終回

geralt / Pixabay

検索結果に表れた動画を見ても、前章で解説した最終回のストーリーとは全く異なった内容である事に気づかれるでしょう。そうです、最終回を検索してもなぜか原作の動画ではない別の動画が出てくるのです。

その最終回はデマ?

NEXT その最終回はデマ?