おすすめキャンプ用品と選び方まとめ!これさえ準備すれば間違いなし!

焚火台タイプ

少し低めのバーベキューグリルです。その名の通り、焚火として暖をとったりすることもできます。少人数向きで、落ち着いてバーベキューをしたい時にはおすすめです。焚火台タイプのバーベキューグリルを囲んでチェアに座ってまったりと会話しながらバーベキューも素敵ですね。

卓上タイプ

テーブルの上に置いて使うグリルです。少人数向けで、省スペース。庭でのバーベキューにも適しています。フード付きのものなら燻製を楽しむこともできます。テーブルの上に置けるので、各々が食べたいものを好きなように焼けるのがいいですね。

おすすめキャンプ用品⑧ ランタン

ランタンはいくついる?種類は?

夜のキャンプにはランタンは必須です。ランタンは一般的に3つあるといいでしょう。それぞれ、ランタンを設置する場所によっておすすめのランタンも変わります。設置場所に合ったランタンを選びましょう。

メインランタン

タープ内(全体)を照らします。ポールにぶら下げるなど高い位置に設置しましょう。ガスタイプやガソリンタイプのものがより明るく照らしてくれますが、LEDでも明るいものがでています。メインを1番明るくすることで、テーブルやテントに虫が行きにくくする効果もあります。

テーブルランタン

テーブルの上にある料理や身の回りのものを照らします。ガソリンタイプのものは明るすぎるため、虫が寄ってきやすくテーブルにはおすすめできません。テーブルランタンは、ガスタイプかLEDタイプのものを選びましょう。

テント内ランタン

テント内に置きます。ガスやガソリンを使うタイプのものは火事や一酸化炭素中毒の危険性があるので、LEDタイプを選びましょう。調光ができるものを選ぶとより快適な夜を過ごせそうですね。またテントに合ったデザインのものを選べば、統一感がでておしゃれです。

おすすめキャンプ用品⑨ クーラーボックス

クーラーボックスはハードタイプ、ソフトタイプがあります。ソフトタイプよりハードタイプのほうが保冷性に優れています。また、タイヤがついているものは未舗装の場所では使いにくい場合もあります。タイヤつきを選ぶ場合には、タイヤが大きいものを選びましょう。

こちらの記事ではおしゃれなクーラーボックスをご紹介しています。ぜひご参考ください。

おすすめキャンプ用品⑩ あると便利な小物

スキレットは、あると料理の幅が広がります。ガストーチは、炭に火をつけるときや、炙り料理に使えます。キャンプケトルは、寒い時に温かい飲み物を飲むことができます。ポイズンリムーバーは、何の虫か分からないけれど虫にさされたときに役に立ちます。

キャンプ用品の選び方まとめ

キャンプに参加する人数を意識することはどんな道具を用意する時にも共通して意識する必要があります。それぞれの道具を選ぶ中で、ランタンのように重視するポイントがはっきりしていればあまり悩まずに済みますが、人によって重視するポイントが違うものはとても悩みますね。悩むアイテムはまず、レンタルしてみるといいかもしれませんね。