人気上昇中!イカメタルの誘い方や仕掛けはどうやるの?

イカメタル用 スッテの種類

鉛スッテ

鉛製のボデイに布を巻いた鉛スッテがメインになります。単体での使用、オモリとしての役割など。イカメタルゲームではなくてはならないものです。潮流や水深で重さを変えるので数種類用意しましょう。

浮きスッテ

鉛スッテの枝スに付けるスッテになりアシスト的な役割を果たします。文字通り浮力がある為 鉛スッテと違った自然なアピールがイカを誘います!

エギ

エギングでおなじみのエギは少し大きめなので 沈降速度を遅くする効果があります。仕掛けのオモリとして使用可能で 姿勢が水平になる事で イカの興味を引きつける効果も期待できます。

PEラインについて

メインラインは 感度がいいPEラインを選択することです。仕掛けが軽いので、潮流の抵抗が少ない細番手の使用をオススメします。スッテの沈み具合や、イカがいる棚をなるべく正確に把握出来るよう色分けされた船用ラインを選択するのがいいです。

持ち物について

基本は他の釣りと同じくクーラーボックスにライフジャケット タックルと仕掛けで大丈夫ですが イカは墨を吐く為、注意が必要です。汚れてもいい服装を心がけましょう。また、夜釣りになりますので寒さ対策も必要です。夜に限らずですが船酔いもありますので酔い止めも飲んでいくといいかもしれません。

イカメタルの基本の釣り方

イカメタルの誘いで重要なのはメリハリ!

イカメタルゲームは、スッテを思いどおりに操って釣るため、非常にゲーム性の高い釣りです。イカメタルは非常に誘い方が重要で、大切なのは誘ったら止める、メリハリです。

仕掛けを投入!

まずは、仕掛けを船長の指示あった棚(水深)まで沈めます。基本的に明かりにつられてイカがだんだん浮いてきますので、少しずつ狙うタナが浅くなってくるはずです。でも、棚は時間と共に変化しますのでさっきまで釣れていても急に釣れなくなることもあります。

基本的なアクションは、落とし込み(フォール)持ち上げ(リフト) 止め(ステイ) 誘い(シェイク)となります。

まず フォールさせる事。その状態のまま待ってもあたりが来なければより深場に落としてヒットを待ちましょう。この時にもアクションを入れながらイカを誘うようにしましょう。それでもアタリが無ければより深めにフォールさせてヒットを待ち、まだあたりが無ければさらにフォールさせる。これを繰り返し行い、最下層まで落としてしまう、もしくはヒットするまで粘り強くフォールさせ続ける、これが基本的なイカメタルのアクションです。

NEXT アワセていきましょう!