エキスポランド事故の当時と現在!首切断の真相や事故の原因とは?

1996年をピークに来園者数が減少

Free-Photos / Pixabay

エキスポランドは1970年に開園し、ピークは1996年で来園者数220万人でした。そこから11年後の2007年、事故が起きた年には年間100万人にまで減少してしまいました。このことが原因で経営難に陥っていました。

エキスポランド事故の大元①管理費をケチっていた?

Stampf / Pixabay

そして経営難に陥ると、経営者側はなんとかお金を浮かせようとします。そのしわよせのひとつが、設備への点検体制だったようです。点検の回数を減らしたり、減ったはずの点検すらも目視などで終わらせたりと、とにかくケチっていたそうです。

立場を変えて見てみればしょうがいといえばしょうがないのかもしれません。しかしやはり現実は逆でここでケチらなければ、この先なにかかわったかもしれません。たらればの話なので今更言っても仕方ないのですが、ここだけはケチらないでもらいたかったです。

エキスポランド事故の大元②従業員もモラルもかなり低かった

Free-Photos / Pixabay

もう一つのしわよせが人件費等です。昔からエキスポランドは遊園地の接客態度のランキングで、ワースト1位の常連でした。スタッフの人数が少ないため、接客態度はどんどん適当になり、それが当たり前となっていったそうです。

少し雨が降れば、レールを拭いたりする対応がめんどくさいのでその日は運航休止になったり、ひどいときは遠足できた子供たちの前でタバコを吸う有り様だったようです。夢を売る遊園地のスタッフとしてありえない行為です。

エキスポランド事故後に明かされたフライデー記事が話題に

kconcha / Pixabay

また週刊誌のフライデーでもこの事件はとりあげられました。そこに書かれたものは事実にねつ造が混ざった状態で掲載されています。実際にその場にいた方が証明しています。ではどんなことが書かれていたのでしょうか。

フライデーがエキスポランド事故の切断遺体について記事を出した

MRI / Pixabay

先ほど首が切断されたと言いましたが、これはフライデーが掲載した内容で実はデマだったのです。実際は手すりに何度も打ち付けて頭部が割れていたのが真実です。またほかにも頭部がころがっていたとか、遠くに飛んで行ったなんて情報まで流されています。

しかしこの手の週刊誌は、たいがいのことは嘘がかかれていたり、大げさな表現となって掲載されていたりもします。なのであてにならないことの方が多いです。混乱を招くことにもなるので遠慮していただきたいものです。

エキスポランド事故の目撃者の情報が多数飛び交うように

geralt / Pixabay

また情報誌に脚色された情報が流されてから、それを修正するかのように目撃者からの情報が集まりました。目撃者の方は肉片が落ちていたなどと話しており、目撃者の多くはPTSDが発症してしまったといいます。

2ちゃんではエキスポランド事故の実際の画像が貼られたことも

Free-Photos / Pixabay

そしてこの事故は大手掲示板サイト「2ちゃんねる」にも書き込みがありました。写真や動画が貼り出されてしまいました。またフライデーの掲載内容をオカルトちっくに脚色されて、書き込みされました。

フライデーにしても2ちゃんねるにしても、話しに色をつけすぎです。こんなに悲しい事故におもしろおかしく脚色してしまって、湾曲した情報がたくさんの人を惑わせたくさんの人に恐怖を植え付けます。

事故後も事故が相次ぐエキスポランド

Free-Photos / Pixabay

大事故から数か月で営業は再開されるのですが、よくない流れは止まりませんでした。再開初日からアトラクションが止まったりと問題が山積みでした。正直あきれてしまいますよね。ではその内容を紹介しますので、ご覧ください。

NEXT エキスポランド事故後3ヶ月で営業再開