エキスポランド事故の当時と現在!首切断の真相や事故の原因とは?

エキスポランド事故の被害者①死亡の小河原良乃さん

彼女はトランプを作る会社に勤め、明るい性格で会社でも人気だったそうです。高校生の時には母を助ける為に一生懸命アルバイトを頑張っていたそうです。中学時代はソフトボール部で捕手つとめ「よっちゃん」と呼ばれていました。

エキスポランド事故の被害者②重症の古川小百合さん

頭を強く打ち、重傷で病院搬送された古川小百合(ふるかわさゆり)さん。彼女は小河原良乃さんのちょうどうしろの座席に座っていました。小河原さんを含めた仲の良かった6人でいつも遊びに出かけていたと話しています。

エキスポランド事故の被害者③PTSD発症者が多数

911elearning / Pixabay

そしてこの悲惨な事故を目の当たりにして体調の悪さを訴えた人も、決して少なくはありません。この事故がトラウマとなりPTSDを発症してしまう方も、もちろんいました。乗っていた人以外にもこの事故の被害者はたくさん存在しています。

PTSDとは心的外傷後ストレス障害のことで、これが原因で人生が大きく変わった人もいます。この病気により人生が変わった芸能人、若林志穂さんについて、またPTSDについて詳しく書いた記事がこちらです。

エキスポランドはこんなところ

tucaiuly / Pixabay

エキスポランドは、事故のことを抜けば有名で人気のテーマパークでした。全盛期に比べれば勢いがなくなったものの、それでも関西の方なら一度はいったことがあるくらい有名でした。では事故を起こす前はどのような遊園地だったのでしょうか。

さまざまなアトラクション

JaStra / Pixabay

ここには様々な施設がありました。お化け屋敷や左右に大きく揺れるグレートポセイドン。世界一高い飛行等なんてものもありました。一番新しい設備で、一番お金のかかっているOROCHIもスピード感のすごいコースターでした。

世界記録を持つ観覧車

Free-Photos / Pixabay

また、ここにあった観覧車はギネスブックに載ったほどの大きさを誇ります。ここに来た来園者の多くは、一回はこれに乗るでしょう。それほど有名で思い出に残る設備でした。知らずに乗った方もいるでしょう。

このようにさまざまな個性をもった施設があり、ここにしかないもの、ここでしか味わえないものもたくさんあります。もともと人気の遊園地で、たくさんの人たちを笑顔にする場所でした。

音による情報

Tumisu / Pixabay

事故発生時は物が壊れる音を聞いた、と目撃者の方々からたくさんの情報が集められました。ではそれ以外には、どのような音による情報があったのでしょう。

2時間前には異変があった

2時間前にコースターにのった来園者は「揺れがいつもより強かった。あの時すでに異変があったのでは?」と証言されています。乗客がそう感じるということは、恐らく見ている人、その上毎日みているスタッフはいつもとは違うことに気付かなかったのでしょうか?

NEXT 大切な人を探す声