エキスポランド事故の当時と現在!首切断の真相や事故の原因とは?

エキスポランド事故後3ヶ月で営業再開

Free-Photos / Pixabay

大事故からたったの3か月で営業が再開されます。これを長いとかんじるか短いと感じるかは人それぞれですが、やはり早い気がします。また事故数日後の会見では、再開の話をするなどさすがに不謹慎な発言もありました。そしてさらに事故は続きます。

再開初日に小型コースターが緊急停止

Free-Photos / Pixabay

8月10日に再開された営業ですが、再開初日にまた事故はおきます。小型コースターが上昇している最中に突然停止してしまいます。原因はコンピューターのトラブルだそうで、再開早々世間を騒がせました。

翌月にもコースターが故障

GDJ / Pixabay

その翌月にはオロチというアトラクションが、2周目に突入する事故が起きてます。安全バーを上げるアナウンスの途中で2周目を走り出したので、このときの乗客は大きな恐怖心を抱いたでしょう。このオロチも翌月には稼働が再開されています。

バックスピンで小学生男児が頭部強打も

amandacatherine / Pixabay

そして負傷者の出た事故を、また起こしてしまいます。急流すべりのアトラクションで、小学生の男の子が頭を強く打つといった事故でした。なぜここまで事故が続いてまともな点検をしないのか、不思議で仕方ないですね。

他の事故では幸い死亡者は出ていません。しかしあの大事故の後です。事故に遭遇してしまった人たちは、強い恐怖に飲み込まれたでしょう。小さな子供が被害にあってしまったこの事故。これ以上ない心配が両親を襲ったでしょう。

閉園に追い込まれたエキスポランド

44833 / Pixabay

そしてここから一気に閉園までの階段を登ることになります。再開からわずか4か月後で無期限での休園となるのですが、原因は来園者の激減と数多くの事故によるものです。まとめてみましたので是非ご覧ください。

エキスポランド事故後の来場者は激減

jwvein / Pixabay

もちろんこれだけの事故を起こしてしまえば来園者は激減してしまいます。もともとの来園者数は100万人ほどですが、事故後はその2割程度となりました。そこからさらに多くの不祥事により、来園者数が減ってしまいました。

それはそうです。死者を出してしまうほどの事故を起こした遊園地に、誰も好き好んでは行きたくありません。もともと経営難だったうえ、この事故により来園者は激減、もうこの状態では復興させることなんて夢のまた夢です。

エキスポランドはとうとう無期限休園へ

jwvein / Pixabay

そして12月には無期限の休園になってしまいます。休園になってからはアトラクションの撤去作業が開始されました。閑散とした土地を写真を収める人もいました。今後ここはどうなるんだろうと気にする人もたくさんいました。

休園が当たり前だと思う方も、もちろんたくさんの楽しい思い出を与えてくれたことから、休園を悲しむ人もいたそうです。しかしここまで見てきた中だけで言えば当然の結果でしょう。なるべくしてなった休園です。

エキスポランドが復活する日はくる?

Free-Photos / Pixabay

これほどの数の事故と、多くの信頼を失ってしまったエキスポランドは復旧することはあるのでしょうか?一時期はプールだけでも営業再開をと考え、申請を出していたようですが、どうなったのでしょうか?まとめてみたのでみていきましょう。

NEXT エキスポランドのリニューアル計画が出た!?