【千駄ヶ谷トンネル】都内有数の心霊スポットの検証など徹底解説!

千駄ヶ谷トンネルは都内でも有数の心霊スポットと呼ばれていますが、神隠しにあうワープポイントがある場所としても知られています。千駄ヶ谷トンネルではどんな霊的体験があるのか、また心霊現象が起きやすい時間帯や、トンネルが心霊スポットとなりやすい理由なども解説します。

この記事をかいた人

ただいま独学で法律の勉強中です。

千駄ヶ谷トンネルとは

ご存じの方も多いとは思いますが、まずはこのトンネルを知らない方のために、「千駄ヶ谷トンネル」が「どこにあるのか?」また「どんなトンネルなのか?」まずはトンネル自体の基本の情報をおさえましょう。

千駄ヶ谷トンネルの場所

FirmBee / Pixabay

周辺には「神宮球場」、「国立競技場」などがあり、少し足を延ばすと「原宿」や「代々木公園」もある、まさに都会の真ん中にあるトンネルといえます。住所は東京都渋谷区千駄ヶ谷二丁目で、細かく表現すると「仙寿院交差点と神宮前二丁目交差点の間にあるトンネル」となります。

一応の最寄り駅は「千駄ヶ谷駅」ですが、トンネルから駅までは徒歩10~15分ほどの距離で、同じ徒歩10~15分圏内には「原宿駅」や「国立競技場駅」、「外苑前駅」など地下鉄の駅も含めるといくつもの駅があります。

千駄ヶ谷トンネルの概要

千駄ヶ谷トンネルは

  • 上下に2車線ずつで合計4車線の車道がある
  • 両端に歩道がある
  • 全長は61メートル
  • 開口部が長方形になっている

という形状のトンネルで、車道の中央線に当たる部分は1枚の壁で仕切られているのではなく、格子状に柱が並んでいて、反対側の道路や歩道が見える構造です。

千駄ヶ谷トンネルは都内有数の心霊スポット

Pexels / Pixabay

数十年前から都内では有名な心霊スポットと言われてきました。全国でもかなりその名を知られているほどで、現在ではそのアクセスのしやすさも相まってか、むしろ「定番」とも言われるスポットです。

東京都内にあるトンネルで、「関東最強」の心霊スポットとも言われている「吹上トンネル」をご存じでしょうか。こちらの記事にて紹介していますので、気になった方はこちらをご覧ください。

千駄ヶ谷トンネルには心霊目撃情報多数

ここでは大変多くの「霊を見た」という情報があります。それも、なぜかトンネルが開通した直後から、いまだに目撃情報が後を絶たないのです。特にタクシードライバーからの情報が多くその情報が噂となり、過去に度々テレビや雑誌の心霊特集で取り上げられたほどです。

千駄ヶ谷トンネルは交通量が多い道路

pandapotter / Pixabay

YouTubeなどの動画投稿サイトにも、千駄ヶ谷トンネルで撮影した動画があるのでご覧いただければわかるとお思いますが、深夜の時間帯にも関わらず車通りが途切れることがほとんどない様子が見て取れます。

「霊が出る所」と聞けば、人があまり寄り付かない、何となく暗い雰囲気、見ただけで「なんだか不気味」と感じる場所を思いつくことでしょう。ところが、このトンネルはいわゆる幹線道路が通っていて、昼夜問わず車通りのある通りなのです。

千駄ヶ谷トンネルには無人になる時間帯がある

Engin_Akyurt / Pixabay

都内にあり幹線道路が通っていて、深夜でも車通りが途切れることはほとんどなく交通量が多いのですが、人も車も通らない時間が存在するらしいのです。いくら交通量が多いとはいえ、1~2分ほどの短い時間であれば「無人の時間」があるのは不思議ではないのですが、この「無人の時間」が多くの霊の目撃情報に共通する点なのです。

千駄ヶ谷トンネルで起こる心霊現象

NEXT 千駄ヶ谷トンネルで起こる心霊現象