蓮コラ【閲覧注意】集合体恐怖症やブツブツに恐怖を感じる理由

蓮コラとは丸いぶつぶつの塊などの気持ちの悪い集合体を人の顔や皮膚と合成させたコラージュ画像です。人によっては集合体恐怖症で非常な嫌悪感を抱く場合もあります。検索してはいけない言葉にも含まれる蓮コラについて画像となぜ気持ち悪いのか最新の研究発表などを紹介します。

この記事をかいた人

意外と知られていないマニアックな情報をわかりやすくお届けします!

蓮コラとは?

Couleur / Pixabay

水面に咲く優雅な花が印象的な蓮。はかない命を全うした花の後には「花托(かたく)」と呼ばれるグロテクな茎の部分が露(あらわ)となり、また別の意味で観るものを惹き付けて離しません。

蓮コラとは、蓮の花托のようにグロテスクなパターンを全く別の生き物の一部に置き換え、恐怖をそそる画像加工のこと。

本来あるはずのない場所に意図的な移植をされた不気味なパターンは、見る者の想像力と生理的嫌悪感を大いに刺激します。

蓮コラは集合体を使用したコラージュ画像

KELLEPICS / Pixabay

蓮の花托の不気味さに端を発する蓮コラは、規則的に並んだ集合体などを効果的に使ったコラージュ画像です。

ネタはなんでもありで、目指すところはいかに不気味か・見る側の不快感をそそるか。結果として工夫を凝らした奇怪なコラージュがたくさん登場し、そのバリエーションを増やしています。

蓮コラは主に人の顔や皮膚と合成しているものが多い

xusenru / Pixabay

いくら気味悪くても、自然に存在する動植物の有り様なら仕方ない…そうやって諦めのつくこともあります。

一方で蓮コラは、コラージュの相手となるほとんどを人間の顔や身体の一部にしており、犯してはならない境界線を超えた画像となっている点が特徴です。

蓮コラは見るとゾッとする気持ち悪さがある

intographics / Pixabay

「実在するかもしれない…」と感じる人の興味を惹き、どんどん深みにはめていくのが蓮コラの恐ろしさです。

目の錯覚を疑いたくなるゾッとする不快画像の数々は、「それが何であるか」というさらに先の好奇心や想像力をも掻き立てる魔力を持っています。

蓮コラは生理的に気持ち悪いと感じる画像

geralt / Pixabay

視覚に訴え、人に不快感を与える画像には、「痛い」「ツラい」「哀れ」「悲しい」などの心理的影響と生理的に受け付けられないものとがあります。

蓮コラは圧倒的に後者で、「ゾクッと寒気がする感覚」や「瞬間的に襲ってくる吐き気」にも注意が必要とされる画像です。

蓮コラは人間と合成されているせいでかなり生々しい

SofieZborilova / Pixabay

自然発生的に生じるものではなく、人工的な合成で本来あり得ない姿を作り出しているのが蓮コラです。

人間の皮膚に貼り付けられていることが多いため、生々しさ満点の不気味画像が多数あることも特徴です。

蓮コラは作り物とわかっていてもかなりリアリティがある

Olichel / Pixabay

植物や野菜・果物あるいは生き物の卵や巣など蓮コラのモチーフはさまざま。どれも自然に存在するものを使っているからこそのリアリティがあり、生身の人間との親和性が高いという特徴があります。

ネット上で誰もが簡単にフォトモンタージュ機能を扱えるようなった現在、何者かが人間に寄生してしまったかのように見える合成画像を作ることなど容易いこと。

絶対にあり得ない・気持ち悪いと言いながら、ついつい注視してしまう恐ろしさがあり、そのリアルさに二度見してしまう中毒性も持っているのが蓮コラなのです。

蓮コラは集合体恐怖症じゃなくても苦手な人が多い

NEXT 蓮コラは集合体恐怖症じゃなくても苦手な人が多い