樹海の落とし物とはどんなサイト?閲覧不能になった画像とは?見れない?

樹海の落とし物はインターネットで検索してはいけない言葉のひとつです。自殺の名所とも呼ばれる樹海、そこで自殺した人が残した遺留品や遺体、どんな言葉よりも訴えてくるものがあります。現在正式には閲覧不能になってしまったサイト、樹海の落とし物を紹介します。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

「樹海のおとしもの」と言うサイト

インターネットの中には、検索をかけてはならないとされているワードが数多くあります。それらは深く調べてはならない何かしらの理由があって検索が規制されているのですが、今回ご紹介する「樹海の落とし物」というのはサイト自体が閲覧を禁じられているものです。

現在は入口を除き閲覧不能

このサイトは、2ちゃんねるで話題になったことから始まり、ネット民たちに知られるようになりました。そこで有名になってから、このサイトを訪れる人たちが増加するまでになったことは想像に難くないでしょう。

ですが、そのようにしてサイトを訪れる人たちが増えて直後、現在はサイトの入り口までは行くことができるのですが、そこから先については閲覧ができない状態となってしまっているのです。

サイト本来の目的

では、そんなサイトが作られた理由というのは何なのか。それは、木や植物がうっそうと茂っている樹海という場所を選んで自殺を考えている人たちに実行にまで移させないための啓蒙のためというのが目的のようです。これだけであれば。慈善的なサイトであると感じるでしょう。

アーカイブを見る方法がある

現在入り口を除きサイトの閲覧をすることができなくなっているとご紹介しましたが、サイトの保存記録であるアーカイブだけは見る方法が存在するといわれています。そこでは掲載されていた写真も見ることができますが、後述する理由のせいで後悔する可能性が非常に高いです。

他のPCサイトについて知りたい人はこちらをどうぞ。

サイトのを知ったネット民の反応

こういったサイトに限らず、話題になったものには必ずネット民が何かしらの反応を返すものです。これは目的は非常に真面目なサイトなのですが、果たして存在を知った人たちはどんな反応をするのでしょう。

心境を察するとつらい

自分が当事者でなくとも、一人だけで死ぬという選択肢を選ぶしかなかった人のことを考えると非常に辛いものがある、生々しくて想像以上に心に残るといった反応が多いようです。

面白半分ではない真面目なサイト

確かに若干のグロテスクな写真も見られますし、18禁のサイトであったことも事実です。ですがそれは遊び半分ではなく、啓蒙のための非常に真面目なサイトであったということがしっかり伝わったようです。

青木ヶ原樹海はなぜ自殺の名所なのか

NEXT 青木ヶ原樹海はなぜ自殺の名所なのか