アナタハンの女王事件の真相!女王蜂こと比嘉和子の人生とその後

アナタハンの女王事件とは終戦間際に太平洋の孤島、アナタハン島に遭難した男女が漂着したことで起きた事件です。31人の男性が1人の女性・比嘉和子をめぐり殺人を起こしたことで有名です。比嘉和子は帰還後にアナタハンの女王と呼ばれ、悪女のレッテルに苦しみました。

この記事をかいた人

音楽鑑賞、お酒を趣味としています。 常に猫と戯れています。

アナタハンの女王事件とは

出典:PhotoAC

この物語は太平洋戦争中の1945年から始まり、終戦後となる1950年までに起きた実話の殺人事件となります。殺し合いをした31人の男性は最終的に19人生き残り、残りの12人は死亡、あるいは行方不明とされています。

この世にも恐ろしい事件はその壮絶な内容から、後々ノンフィクション映画化や書籍化、ハリウッド映画化、更にはこの事件をモデルにしたマンガまで登場していき、約70年経った現在でも人々に語り継がれる事件となっていきます。

アナタハンの女王事件の舞台

出典:PhotoAC

壮絶な事件の舞台となったのが、アナタハン島というサイパン島から少し離れた位置に存在する島です。この島は縦の長さがおよそ9キロ、幅が約4キロという小さな島となります。ちなみに北部付近の諸島の中ではパガン島という島の次に大きい島と言われています。

アナタハンとはどんな島か

出典:PhotoAC

事件の舞台となったこの島は、サイパン島の北の方に存在する孤島であり、この島には約70人の原住民と、南洋興発株式会社の社員で現地でヤシ農園を経営していた日本人男性、その部下となる男性、そして主人公となる和子が住んでいました。

洋興発株式会社とはどんな会社か

出典:PhotoAC

比嘉和子の夫である男性とその上司にあたる男性は、南洋興発株式会社の社員として働いていました。この会社はかつてサイパン島に存在していた会社であり、南方への日本経済進出や、日本国の無産農民を導入した開拓の推進を主な目的として1922年に設立された会社です。

アナタハンの女王事件が起こった時代

出典:PhotoAC

事件が起こった1945年、当時は太平洋戦争の末期であり、同年8月15日の正午に玉音放送が流され、戦争は終結されました。島にいる生存者達は終戦した事に気付かず、まだ戦争は続いているものとして過ごしていました。

終戦後、何度かアメリカ軍がこの島へ終戦の知らせを伝えに行く事になりますが、島に残っている男性達は誰一人として信じる事がなく、呼び掛けに対して頑なに拒否をして島に残る事になります。

アナタハンの女王事件の概要

出典:PhotoAC

太平洋戦争が終結に向かった同年、アナタハン島という小さな孤島では、人間同士が殺し合うという衝撃的な事件が起こります。この孤島だけある意味戦争が続いている状態となっていました。ここからはこの事件の概要についてご紹介していきます。

31人の男が漂着した

出典:PhotoAC

1944年、日本海軍の船、計3隻がサイパン島付近を南下している所、米軍の攻撃を受けてしまい、3隻全て沈没してしまいます。攻撃を受けた31人の生存者達は必死に泳ぎ続け、島へと無事漂着します。島に漂着した生存者は日本兵士10名、船員21名の31名となります。

島に到着した時点では31名の生存者でしたが、帰国する頃には19人にまで減っており、約3分の1の人数となっていました。残りの13人は不審死、あるいは男同士の争いによって消えてしまったのです。

女王と呼ばれた比嘉和子

NEXT 女王と呼ばれた比嘉和子