例のプールとは?場所や料金と石坂浩二の噂を紹介!例のコンビニも!

例のプールの大きさは?

Free-Photos / Pixabay

基本的なプールは25メートルや50メートルとなりますが、このプールは競泳向きではありません。6.6メートル×3.3メートルの面積しかなく、泳ぐというより遊んだり、プールサイドでくつろぐといったようなことをする方がベストな使い方です。

よく撮影する場所として使われるだけあって少し小さめにできているのですね。ですがこのプールはこのプールなりに特徴があり、人気を集めているのは間違いありません。個性というのは大事なのです。

例のプールの窓は開く!

MichaelGaida / Pixabay

ご存知かと思われますが、このプールは日光が差してくる窓を全開に開くことができる魅力的なプールなのです。全開に開けた際の景色は都会を見渡せる程で、誰もが訪れてみたいと思ってしまいますね。

ですが、ここを訪れたことのある方は冷房がなく飲食禁止の場所なので、日中や夏の気温が高くなる時期は、大変な思いをしてしまうとのことだそうです。使用する際は気をつけるか、このルールを変えて欲しいくらいですね。

例のプールは個人でもレンタルできる?

MichaelGaida / Pixabay

プールをイメージする際、学校でいろんなクラスの子達が集まってそれぞれ授業を受けたり、親子連れや友達と遊びに来てる公共のプールは大いに賑わって、夏休みはとても楽しい思い出のうちの一つになりますよね。ですが、例のプールはまた一味違ったものなのです。

例のプールは個人でも借りられる!

Aquilatin / Pixabay

あまり一般的に見ることのできないスタジオですが、ここは少し他と違ったスタジオで便利なプールなのです。女優や俳優の人たちだけが使あるのかと言われたらそんなことはないのです。借りるために料金は払わなければいけないのですが、プールやこの建物に用意されている社長室のような部屋、そして普通のベッドルームなどさまざまな部屋まで借りれます。

例のプールのレンタル料金は?

stevepb / Pixabay

プールのみの貸し出しもできますが、3時間のレンタル、6時間レンタル、12時間のレンタルと時間ごとに料金が区別されていて、最低でも10万円、最高で25万円弱と言った相場でレンタルをすることができます。

ですがプールを借りたいという人の場合、こちらだけ追加してお金を払わなければいけないため、だいたい2万円プラスとして大目に見たかなければいけないのです。さすがテレビで使うだけあって少しお高めのお値段ですよね。

例のプールはコスプレ撮影にもおすすめ!

sasint / Pixabay

男性の気になると、普段よりグラビアの撮影で多く使われていることから、光のさじ加減や雰囲気などコンディションがとてもいいということがわかりますか、そんな中で自分の持ってきたコスプレの衣装を着てアレンジしてみるのもいいかと思います。

パートナーと一緒に写真を交互にとりあえば、まるで自分もモデルになったかのような体験をすることができます。そんな雰囲気を味わってみるのも楽しむことのうちの一つになっていいかもしれません。

例のプールにまつわる都市伝説とは?

Mysticsartdesign / Pixabay

誰もが気になってしまう芸能人や有名な方々の住む家はどんな場所なのだろうと考えてしまうとかがありますよね。そんな中で、この例のプールは高級感溢れる部屋なども用意されていることから、石坂浩二の昔住んでいた場所であったと噂されています。

一体どのような経緯でこのような話が流れ出したのかわかりませんが、こんなことを知ってしまえば誰でもこのプールをレンタルしたいと思ってしまいますよね。そんな理由もありこの伝説が流されてしまったのかもしれません。

例のプールは石坂浩二の自宅だった?

hschmider / Pixabay

この都市伝説はマツコデラックスが出演する「アウト×デラックス」というテレビ番組で、特別ゲストとしても出迎えられた石坂浩二さんにより謎が解決されました。もともと彼の家だと噂されていたことについて、彼がそこに住んでいたわけではないと告白したからです。

NEXT 例のプールは以前は映画監督・市川崑の住居だった