アジングの時期・時間帯やポイントまでをご紹介!

この記事をかいた人

まずアジングとは何か?

日本全国の海に分布するアジをルアーなどを使って釣ることを「アジング」といいます。海のルアー釣りの中でも、特に人気のジャンルといえるでしょう。アジングでアジを釣るといった場合はマアジを釣ると考えてください。単に、マアジといっても”回遊型”と”居着き型”とに分かれています。一見同じアジでも釣り方も同じように見えますが多少違ってきます。居着きのアジは警戒心が回遊型のアジに比べて高いようです。エサが容易に取れ、エサが多い場所に来ますのでエサを食べてお腹いっぱいの場合にはもちろん食い付いてきません。一方で回遊型のアジはエサを求めて回遊していますのでエサがあれば食い付いてきます。今回はそのアジングの時期や時間帯、ポイントなどをを紹介します。

アジングのできる季節

1年中できます

春〜冬、季節ごとそれぞれに特徴があります。

産卵期前ということもあり、活発にエサを取る時期で大きなアジが狙えます。しかし、産卵期に入ってしまうとほとんど反応しなくなり、一気に難しくなります。釣れるときはびっくりするほど釣れるのに、釣れなくなるとパタッと釣れなくなるシーズンと言えるでしょう。

小型なアジが多くいます。しかし、活発なアジが多く数釣りを楽しみたい方は狙いやすいです。アジングなら、夜に常夜灯のあるところがおすすめ!灯りのしたにはプランクトンが多く集まるため、プランクトン求めてアジが引き寄せられてきます。

まさに、ベストシーズンと言えます!イワシなどの小魚たちが沿岸に集まってくるため夏よりも大きめのサイズが期待できます。夜がメインですが、朝方や夕方も十分狙えます。秋は初心者から上級者までアジングを大いに堪能できる季節でしょう。

冬はエサとなる小魚が減るため、アジの動きはよくありませんが、冬に釣れるアジは大きく、脂がのって美味しいと言われています。上級者の方はあえて難しい冬を選んで釣りを楽しむ方もいるようです。

アジングのできる地域

アジは日本全国、ほとんどの地域の沿岸部で釣りを楽しむことができます。北海道から沖縄までアジングを楽しめます。沖縄ではルアーを良くつかうようです。

アジングのおすすめの時間帯

それは、夜です。

日が落ちて明かりが灯ることでプランクトンが常夜灯の明かりに集まり、アジをはじめとする様々な魚がエサを求めて光にあつまります。しかし、アジは気まぐれで沖から入ってくる魚は回遊魚がほとんどなので釣れる時間帯は一定ではありません。居着きのアジもいるので、そちらはいつでも相手をしてくれるでしょう。満潮や干潮、他の何かのタイミングをキッカケにあれよあれよと釣れはじめます。釣れないから必ずしもアジが居ないとは限らないのでアジングの難しい、いや楽しむところですね。時合いを待つのも手かもしれません(時合いとは魚がエサをよく食べる時間帯などのことをいいます。人と同じように魚も食事の時間というものがありますからね。他にも、潮の回り方や、曇りや雨、風が要因ともいわれます。)

早朝や夕方でも釣れる時間帯

夕方や早朝はアジングのみならず、釣り全般で釣れやすい時間帯といわれます。夜は手元が見ずらいので少し明るい時間帯にできるということで初心者の方でも短時間の挑戦で、はじめられると言えます。

日中でもアジは釣れる?

時期に関わらず、日中のアジングは難しいでしょう。日中でもエサを探しているアジはいるのですがルアーに反応させるのは難しいです。エサを食べている捕食モードのアジを常夜灯なしで見つけるのは難しいことが理由のひとつといえます。ルアーがばれてしまいます。日中のアジングは海流の影響でエサが溜まっているポイント、魚影の濃い地域が必要になります。全く釣れないというわけではありませんが限界ぎあります。初心者の方はナイトゲームで釣りに慣れてから日中のアジングに挑戦してみましょう。

 初めての方は

NEXT  初めての方は