池田貴族|ロックスターで心霊研究家の壮絶な闘病生活!妻と娘の現在も

池田貴族はイカ天で注目されメジャーデビューを果たしたロックスターでもあり、霊感が強く心霊番組にも度々出演した心霊研究家でもあります。その池田貴族が36歳という若さで亡くなるまでの生い立ちや経歴そして壮絶な癌との戦いを紹介します。

この記事をかいた人

好奇心旺盛で気になることはとりあえずやってみるタイプのぶちょです!今特にハマっているのは散歩とデコパージュと燻製。よろしくお願いします:)

池田貴族のプロフィール

90年代のバンドブームで突如として人気に火がついた池田貴族ですが、彼の名前は知っていても詳しい生い立ちまで知っている方は少ないかと思います。

壮絶な人生の始まりはどこからスタートし、どんな出来事が彼の人生を彩っていたのかを本人だけではなく、家族やバンド仲間についても詳しく紹介します。

池田貴族の生い立ち

本名池田貴は昭和38年5月8日生まれの愛知県名古屋市出身です。バンド活動をするようになったのはちょうど中学生のころからで、当時NHKのバンド特集番組にも出演するほど音楽活動に力を入れていました。

両親は共に霊感があるといわれており、当時は霊能一家と呼ばれた家庭で育ちました。特にお父様は真言密教の霊能師で有名です。お母様も霊感が強く、池田もその血を受け継いでいたようです。

池田貴族の経歴

87年に結成したロックバンド”remote”として活動していましたが、ホコ天での活躍でカリスマと呼ばれるまでになっていました。89年にはイカ天に出演したことで更に人気を集めました。

そしてお仕事を通じた出会いで奥様と知り合い、4年間の同棲生活を経て結婚しました。そして一女をもうけたのですが、その娘さんは現在アイドルとして芸能界で活躍しています。

36歳で肝細胞がんにより死去

kalhh / Pixabay

結婚し、更に娘までできた池田貴族でしたが幸せは長く続きませんでした。母親から受診を勧められた病院でガンが発覚、そこからは辛い日々が始まりました。

バンド仲間や友人たちに支えられながら治療を進めるも、転移のスピードは凄まじく36歳という若さでこの世を去りました。あまりにも短い人生ですが、人々の印象に残る人だったと言えます。

池田貴族は「イカテン」で注目を浴びる

池田貴族の名前を世に知らしめるきっかけとなったのは、あのロックバンド紹介番組”イカ天”こと『イカすバンド天国』です。

番組の公開イベント『イカ天大賞』のベストパフォーマンス賞にも出演したことから知名度の高さが伺えます。

イカテンとは

そもそもイカ天とは、TBSで放送されていた”平成名物TV”という番組内の1コーナーでした。

2年弱の放送期間にもかかわらず、世代の人たちには”イカ天”で話が通じるほど浸透している人気番組でした。

池田貴族「remote」でメジャーデビュー

池田貴族のデビューは1990年7月で、HIRO(G)、愛川(B)、Maezaki(Ky)、CHAPPY(Dr)の5人組バンドです。

全身に赤い衣装を身にまとい、しかもメイクアップをしてパフォーマンスするバンドは珍しく、バンドマンがひしめく歩行者天国でもひときわ目立っていました。

ここでのライブ活動がきっかけとなり、remoteはイカ天への出場が決定、一躍全国区となりました。

池田貴族「みうらじゅん」とバンド結成

NEXT 池田貴族「みうらじゅん」とバンド結成