すこれの意味は?JKにも人気の元ネタ「なんJ語」を徹底解説!

すこれは嫌われてる?

Texler / Pixabay

見てみると親しまれて使われているかと思っていた「すこれ」やそこから出来たいろんなパターンの言葉になりますが、中にはすこれを嫌っているネットの人達も多数いました、嫌いな理由のものにはただの打ち間違えだからわざわざ1つの新たな言葉として使う意味がわからないと感じている意見が多かったです。

作ろうと思って出来た言葉じゃないので個性やなにか人捻りにかけるところがネット用語だと認められない理由にあるのかもしれないです

他にも「ワオ」「ガイジかな」などのネット用語も嫌っている人がいました、自分の好きなジャンルのものとは違うところからでてきたものは好みが合わなくて使いたいと思わなかったり、意味が伝わらない言葉もあるので同じ実況サイトを見てるからといって、みんなが全てのネット用語を使っていることにはならないようです。

すこれに続け!JKがネット用語使うわけ

KeithJJ / Pixabay

女子高生を中心によく使った流行語ランキングにもすこれを入れてネット用語がいくつか入ってましたが、なぜ若い人特に女子高生を中心にネット用語を使うことが多いのか

常に目新しいものや珍しいものに敏感で流行の先頭を探す若い人は個性を出すのが得意です。だからこそ独特な表現をしているネット用語は女子高生にも注目されて、それをさらにアレンジした新しい言葉にするきっかけにるとなってると思います。

今はネット社会でもあるのでスマホをよく触っている女子高生は特に、ネットの情報も知るのがとても早いことも使うきっかけが増えた理由の1つになり、ネットが始まりで出てきた言葉はなんとなくイントネーションが可愛いものや変わった略し方、最初見ただけでは使い所が想像がつかない面白い言葉もあり

StockSnap / Pixabay

その個性が女子高生が使ってみたいと思わせて、いつの間にか広がっていくのではないかと思います。

すこれとは好きになれ!の意味!なんJ語を使ってみよう

個性あふれているネットの言葉をすこれを中心にいくつか紹介していきました、使うのをためらうものやいまいち納得しにくいものもあったと思いますが、若い人も使っているものがいくつかあるので知っておくと若い人の話にもついていけて、自分の世界が広がるはずです

今回のテーマのすこれなにかきっかけがあれば話のネタの1つとして覚えているとおもしろいかもしれませんこれ先もいろんな面白い独自の言葉が出てくると思われるネット用語には注目です。

流行に関する関連記事はこちら

クレメンスに関する関連記事はこちら