ダースレイダーの眼帯はトレードマーク!余命と病気の関係と生き様に迫る

ダースレイダーは日本のHIPHOPミュージシャンです。脳梗塞で倒れ、左目を失明してからは眼帯をトレードマークにしています。ダースレイダーは余命5年を宣告されてから現在も精力的に活動しています。この記事ではダースレイダーの生い立ちや経歴について紹介します。

この記事をかいた人

4geです。アウトドア好きな3人の子供のパパです。子供も含めて動物好きです。

ダースレイダーとは?日本のHIPHOP第一人者

LoboStudioHamburg / Pixabay

ダースレイダーは日本のHIP HOPミュージシャンです。1998年に活動を始めて以来、多くの作品があります。様々なメディアにも出演し、これまで日本のHIPHOPを牽引してきた重要な人物です。

ダースレイダーの生い立ちと経歴

TheAndrasBarta / Pixabay

海外で生活してきた幼少期、日本での学生時代からHIPHOPでの活動、そして、脳梗塞という病が襲い左目を失明して眼帯をつけています。その後の復活、余命宣告から現在までを紹介していきます。

ダースレイダーはフランス生まれ

nkoks / Pixabay

フランスはパリで生まれ、小学校時代はイギリスのロンドンで過ごしました。中学・高校は日本で過ごし武蔵中学校・高等学校を卒業しています。予備校での浪人生活後、東京大学へ進学しています。

ダースレイダーは東大中退後HIPHOPの道へ

TheDigitalArtist / Pixabay

東大へ進学するものの、ゼミでの課題に挫折し中退しています。その後、1998年にMICADELICを結成、HIPHOPでの活動をスタートしました。3年後には待望のメジャーデビューを果たしています。

レーベル「Da.Me.Records」を立ち上げる

StockSnap / Pixabay

2004年、ダースレイダーが中心となり「Da.Me.Records」を設立。「日常にもっと音楽を」テーマに掲げ、CDアルバムとしては破格の1000円で販売していました。

所属していたラッパー

このレーベルでは、KEN THE 390、はなび、カルデラビスタ、環ROYなど多くのラッパーが若手時代を過ごし、ダースレイダーが彼らの力にもなっていました。

多くのイベントも手掛ける手腕

geralt / Pixabay

ラップバトルのイベントを初期の頃から企画し、地方のラッパー達にも注目。そこで発掘する活動など、レーベルの枠を超え、日本のHIP HOPブームのきっかけを底から作っていきました。

ダースレイダーは2007年に結婚、娘が2人いる

NEXT ダースレイダーは2007年に結婚、娘が2人いる