ヨコバイってどんな虫?駆除方法や刺されたときの対処法など徹底紹介

ヨコバイは身近に生息する小さなセミの仲間です。この記事では、意外と知られていないヨコバイの特徴や生態、駆除方法、刺されたときの対処法まで、詳しく紹介します。皆さんの周りを観察して、ぜひこの小さな昆虫を見つけてみてください。

この記事をかいた人

三人の娘のいるシングルマザーです。推理小説を読んだりPCで脱出ゲームをするのが好きです。

ヨコバイってどんな虫?実はあなたの身近にも!

punch_ra / Pixabay

「ヨコバイ」と聞いて「ああ、あの虫ね!」と分かる方は意外と少ないのではないでしょうか。実は身近にいるのにあまり認知されていないヨコバイ。ちょっと変わった名前の虫について紹介しましょう。

ヨコバイはカメムシ目!セミの仲間でもある

YukieChen / Pixabay

ヨコバイは昆虫の中のカメムシ目に分類されます。カメムシ目の代表的な虫としてカメムシの他にはセミがいます。カメムシ目の昆虫の特徴は口が草木の汁を吸うための針状になっているところです。

世界には20000種類も存在する!

Yuri_B / Pixabay

ヨコバイは世界中に生息しておりその種類は20000種類にも及びます。日本で確認されているものも550種類程いますが分類の仕方も確定されておらず新種の発見によっては今後も変更される可能性があります。

ヨコバイの名前の由来は独特な移動法からきている

Free-Photos / Pixabay

「ヨコバイ」という名前は敵に狙われた時にカニのように横歩きで移動する動作「横這い」から来ています。樹木に止まっているセミもこの動作をすることがあります。

ヨコバイの体の特徴とは?どんな見た目?

mohamed_hassan / Pixabay

セミと同じ仲間に属するヨコバイとはどのような虫なのでしょうか。その体の特徴と見た目について紹介しましょう。。

セミを小さくしたような形をしているヨコバイ

minscboo / Pixabay

ヨコバイの学名はCicadaella(小さいセミ)と言い、実際見た目はセミをそのまま小さくした様な姿をしています。背中全体を薄い翅で覆われていて大きさは数ミリから大きくても1cm程の大きさです。

またセミと同様にヨコバイの口元は長い針状になっていてそれを草や木に刺しこむことによって汁を吸うことが出来ます。

地味から派手まで?ヨコバイのデザインはさまざま

631372 / Pixabay

色は茶色や黒色など目立たないものから黄色や緑、更に黄色に黒い斑点のあるもの、外国産ではブルーや赤色の派手なものまで種類によって様々なデザインのものが生息しています。

ヨコバイの幼虫は蛹を経ずに成虫へと変態する

NEXT ヨコバイの幼虫は蛹を経ずに成虫へと変態する