グロブスターって何?正体についての仮説や発見事例など詳しく紹介!

最高顧問の實吉達郎氏はどんな人物なのか

實吉達郎氏は動物研究家で作家。Unidentified Mysterious Animal(謎の未確認動物)の頭文字をとってUMAと名付けたことでも有名です。著書「UMA謎の未確認動物」でUMAという言葉を初めて使いました。

三里塚御料牧場、野毛山動物園で勤務、その後ブラジルで動物研究を行いました。帰国後はサラリーマン生活後、現在の動物研究家、作家になりました。

「本当にいた不思議な生き物」「UMA解体新書」など多くの著書を出版、テレビにも多数出演しています。書籍でも取り上げられてたUMA「スカイフィッシュ」について知りたい方はこちらをご覧ください。

グロブスターはゲーム『バイオハザード』にも登場!

なんとグロブスターはゲーム「バイオハザート」にも登場しています。設定は実際のグロブスターとは違いますが、なるほど肉の塊といった風貌です。

バイオハザードに登場するクリーチャーのグロブスター

バイオハザードのグロブスターはt-Abyssの感染者が、海に落ちて水分を大量に吸収した結果、巨大な肉塊の姿に変異したクリーチャーです。手足がないので陸ではゆっくりと這いずり回ります。

グロブスターは元々は人間という設定になっている

バイオハザードのグロブスターは元は人間で、t-Abyssに感染してこのような形に変異しました。底部に口が付いていて、人間の歯を思わせるような形となっています。

水中で素早く動くことのできるグロブスター

水中ではとても強く、素早く泳ぐことができます。水中で襲われると、底部に付いている口で食いつかれ、抵抗する間も無く即死亡となります。

グロブスターは新種の生物?まだまだ謎は多い

Barroa_Artworks / Pixabay

グロブスターは調査の結果、明確にクジラと判断されたものもありますが、多くは正体不明のままです。はっきりしない以上、新種の発見という可能性も捨て切れません。

人間が唯一到達できていない、未知の世界が深海です。海全体の95%が未解明と言われる事からも、この地球上に、未知の生物がまだいてもおかしくないでしょう。

UMAついてもっと知りたい方はこちら 最新の未確認生物も!

UMA「スカイフィッシュ」についての記事はこちら