フラニ族とは?凶暴な民族って本当?襲撃事件やその背景について解説

フラニ族にイスラム過激派が合流している?

その他にも、宗教間のトラブルをめぐり治安のかく乱の狙うテロ組織や、イスラム教徒の過激派がフラニ族に合流し武装化を進めており、土地をめぐる抗争だけでは済まなくなってきています。

政府がフラニ族の問題を解決しない理由

このように多数の民族との間での問題を起こしているフラニ族ですが、なぜナイジェリア政府はこの問題を解決しようとしないのでしょうか?

ナイジェリアの大統領がフラニ族の出身である

jpeter2 / Pixabay

ナイジェリアの大統領であるムハンマド・ブハリ大統領は、フラニ族出身のイスラム教徒です。

大統領は治安は良くなっていると主張している

jpeter2 / Pixabay

これまで、ブハリ大統領はフラニ族による襲撃事件を放置してきたと批判されていますが、「現政権が治安の分野で顕著な成功を収めている」と主張しています。

フラニ族による紛争は今後も続く見通し

aamiraimer / Pixabay

そのため解決の糸口は見えず、実際は虐殺は繰り返されているため、今後も紛争は続いていくものと見られています。

フラニ族は凶暴で好戦的なの?

Comfreak / Pixabay

ここまでで、フラニ族が乱暴だというイメージを持つ人は少なくはないでしょう。では実際はどんな民族なのでしょうか?

話し掛けると気さくな面も持っているフラニ族

ebrahim / Pixabay

好戦的かと思えば、彼らは話しかけると案外気さくな面を持っています。ある取材者はフラニ族の女性に写真撮影をお願いすると、好奇心旺盛な彼女らはあっという間に集まってきて取材者を逆に取り囲み、交換条件として身体を触らせてほしいと言ってきたそうです。

フラニ族は別の武装集団が紛れている場合も

ArmyAmber / Pixabay

ナイジェリアのキリスト教徒に対する襲撃は、フラニ族ばかりではありません。フラニ族を隠れ蓑にし、武装集団「ボコ・ハラム」がキリスト教徒を標的にしていることもあります。また、社会情勢の混乱を招くテロ組織も関与しているとも言われています。このように宗教間の紛争にフラニ族は巻き込まれていることも考えられます。

NEXT 自分達の土地を守る方法が他にないだけ