ブルーボトルのあいつとは誰?意識高い系の男のツイートが日本展開を潰した?

サジェストに出てくるのを面白がる人も

ブルーボトルでサーチしてあいつが上部に出てくる光景を面白がられています。「ブルーボトルのあいつ」というこの言葉だけで誰の事なのかがわかるということも、わかる人にとって滑稽に面白く感じるのが更に知らない人の気を引いて話題を呼ぶポイントであります。強者だと「あいつ」という言葉だけでブルーボトルのことだとわかる人もいます!

素晴らしいキャッチコピーと賞賛の声も

Beeki / Pixabay

たくさん揶揄されたり、馬鹿にされて炎上している一方で、「あいつ文才ある」と称賛する声も2ちゃんねるやTwitterで話題になっています。これだけ短いつぶやきの中で読み手に対していくらでも意識高い系の想像を膨らます事ができることがすごい、という反応もあります。

ブルーボトルのあいつは本当に意識高い系なのか

Free-Photos / Pixabay

ブルーボトルのあいつに対して多くの人から意識高い系、と嘲笑われていますが本当にそうなのか、西海岸でコーヒーを啜っていそうなあいつについて解説していきます。

そもそも意識高い系とは?

Pexels / Pixabay

そもそも意識高い「系」という言葉は、自分の実力に対して伴っていない過剰表現であったり、壮大に良く見せつけようとしている人を指します。胡散臭いイメージです。意識が高い人は目標を見据え、結果にしっかりコミットします。その為意識高い系とは言いません

松村氏の経歴は意識高い系ではない?本当にすごい人

ウィキペディアでも公開されている松村太郎さんの経歴を見ると、高校や大学、大学院と慶応出身で、教育や学習などのラーニングシステムやアプリを開発する会社の取締役の肩書を持ちます。意識高い系を気取っている訳ではなく本当にすごい人なのです。

過剰なアピールが意識高い系と見られる

Sommerland / Pixabay

ブルーボトルのあいつのように有名な大学を出て経歴が素晴らしくても、わざわざかっこつけて「自分はいつも西海岸でコーヒーを飲んでいる成功者である」などの「過剰なまでに自分をアピールしている」という様に聞く人たちに捉えられてしまうような発言をすると自然と意識高い系というカテゴリに入れられてしまいます。

これで結果が伴っていない口先だけのあいつであれば、本物の意識高い系として馬鹿にされ、称賛してくれません。

日本進出するも、失敗した海外企業!

Fotorech / Pixabay

ブルーボトルコーヒーは「ブルーボトルのあいつ」の影響は受けずに日本での店舗数を順調に増やしていますが、一方で日本への進出してもうまくいかずに撤退してしまった、という事例ももちろんあります。考え方や風習のミスマッチなども原因です。2社ご紹介します!

TESCO(テスコ)

テスコはイギリスを拠点に置く小売業のお店です。世界ランク4位の有名な小売店で規模としては年間7兆円と言われています!関東を中心に129店舗を展開していましたが、そもそも日本とイギリスの風潮が合わなく撤退となりました。

失敗の原因

TheDigitalWay / Pixabay

本拠地であるイギリスでは顧客管理システムやプライベートブランドの確立に成功しました。イギリスなどではクレジットカードで買い物の決済を行うお客さんが多く、決済通知と合わせて顧客のニーズにあったクーポン券を配布する仕組みで儲かっていました。

反対に日本では現金で購入する風習が根強かった為に定着せず、日本から撤退を決定し中国や韓国での成長を目指すとのことです。

NEXT ハーゲンダッツ