乃木坂46の齋藤飛鳥のメイク方法とは?愛用コスメやメイクポイントも

齋藤飛鳥の愛用コスメ③コンシーラー

Free-Photos / Pixabay

そして次はコンシーラーというものになるのですが、今までとは違うブランドのNARSというものになります。ラディアントクリーミーというアイテムになります。

齋藤飛鳥が使用している要因の一つ。つまりこの商品の売りとなるのが少ない量でシミなどを隠すことができるということになります。

ただこちらはあまり市販はされていないので、大きめのデパートなどでしか手に入らないようなのでご注意ください。

齋藤飛鳥の愛用コスメ④パウダー

summa / Pixabay

さて次はパウダーと呼ばれるメイク用品となるのですが、こちらはRMKに戻ります。普通はそろえたいものでしょうが、こだわって使用しているのがわかります。

一応こちらが基本部分としては最後のメイク用品となります。プレストパウダーというアイテムになります。ナチュラルな仕上がりを求めている人にはもってこいのアイテムになります。

また齋藤飛鳥はこれの1番というものを使用しているのですが、全部で5番まであるので自分にぴったりのものを選んでみましょう。

齋藤飛鳥のベースメイクの特徴・ポイントは?

silviarita / Pixabay

これらがメイクの基本として使用しているものとなるのですが、もちろんメイクの仕方にもこだわりがあります。まずは下地をきっちり塗りこむことです。

次はファンデーションなのですが、内側から外に向けて薄く引き伸ばすことを意識しているようです。とにかく薄くすることが大切だそうです。

最後はパウダーになるのですが、こちらも薄さを意識するといいようです。ポイントとしてはマシュマロのようなものをイメージしてメイクするといいようです。

齋藤飛鳥の愛用コスメとメイク方法をご紹介【チーク編】

Fotorech / Pixabay

では次のメイクのこだわりはチークとなります。ここまでで把握できた男性もいるかと思いますが、人によってとにかく十色でこれが女性にとっては普通なのです。

齋藤飛鳥だけの話ではなく、かわいいと思われるように世の中の女性はこれだけのことをしているのです。そしてここからはチークというメイク用品となります。

頬部分に赤みを乗せるためのもので、人によっては使用しないという場合もあるメイクとなります。

齋藤飛鳥の愛用コスメ①チーク

kinkate / Pixabay

齋藤飛鳥はこれに関して特定のアイテムを使っているという情報はなく、ただパウダータイプのものを使用しているということがわかっています。

とにかく齋藤飛鳥は自然な仕上がりを、つまりナチュラルを目指しているので、必然的にパウダーになるようです。

肌の色に同調しる色のものを選び、大きめのコーラルのものを使用しているようです。

齋藤飛鳥のチークの特徴・ポイントは?

ではメイクのコツとなるのですが、こちらも薄さが重要となります。メイクといってもあくまでふんわりというイメージが大切だそうです。

ナチュラルな出来上がりが大切で、血色が悪くないように見えるように程度に乗せるのがポイントとなるようです。

ナチュラルな肌に近づけるだけでいいので、くすみが薄くなる程度にふんわり乗せるのがいいようです。

齋藤飛鳥の愛用コスメとメイク方法をご紹介【アイメイク編】

Starkvisuals / Pixabay

では次はパーツとして最も大切な部分となる目の紹介となります。メイクとしても大切で、他がどれだけよくても目が崩れれば全体が崩れてしまいます。

ですが後述させていただきますが、すっぴんの時の目の大きさがメイクに違いが生じます。齋藤飛鳥はとにかくナチュラルな仕上がりを目指しています。

なのである程度の大きさがないとナチュラルにはならなくなるので、こちらはメイクする人によるところもあります。

齋藤飛鳥の愛用コスメ①アイシャドウ

ではまずは使っているメイク用品となるのですが、一言で目といっても1つのアイテムで済むことはまずありません。大きく分けて7つに分かれます。

シャドウはヴィセというブランドのものを使用していて、グロッシーリッチアイズというアイテムとなります。グラデーションが可能となり、ラメも入っていて使いやすいものとなっています。

さらに大体のお店で購入することができて、価格も1500円程度とかなりコスパがいいものとなっているので、一度使用してみるのもいいかと思います。

NEXT 齋藤飛鳥の愛用コスメ②アイライン