冬キャンプの準備はOK?注意すべき事&持っていくべきおすすめアイテムを紹介!

アウトドアの1つ、キャンプは春から秋にかけて行われるものと思われがちですが、冬にもキャンプをすることはできますし、冬ならではの魅力もあります。ただ、気をつけなければならないこともあります、今回は、冬キャンプの魅力や注意点、おすすめアイテムなどをご紹介します。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

冬でもキャンプはできる!魅力やおすすめアイテムを紹介

冬ならではの魅力を楽しもう!

アウトドアとして広く親しまれているキャンプは、四季折々の風景を楽しむことができるのも大きな魅力です。一般的には春から秋にかけてやるものというイメージが大きめですが、冬にだってもちろんキャンプをすることは可能で、冬ならではの魅力があります。

しかし、当然ながら秋までと比較すると基本は非常に低いですし、それ相応に注意しなければいけないことや持っていくべきものもあります。ということで、冬のキャンプの魅力や実践するうえでの注意点、持っていくことをおすすめする20個のアイテムなどについてまとめてみました。

冬キャンプには様々な魅力が

澄んだ空気から見える星空

それではまず、冬キャンプの魅力をいくつかご紹介しましょう。まず1つ目は、「夜に綺麗な星空を展望できる」ということです。冬場は空気が冷たく澄んでおり、春から秋にかけてよりもとてもきれいな星空を眺めることができます。キャンプ場はそう明りも多くないですし、より一層星空を堪能できるでしょう。

冬ならではのアクティビティ

冬といえば雪が降りますよね。雪が降れば、スノーボードやスキー、雪合戦といったアクティビティに繋げて楽しむことができます。キャンプ場は広いですから、一定量の雪さえ降ってくれれば遊ぶための雪には困らないでしょうし、思う存分遊べるでしょう。

冬にしかできない暖の取り方

冬のキャンプには暖をとるためのアイテムが必須です。そこで薪ストーブなどの冬にしかできない暖の取り方を実践することができるのも魅力の1つです。冬限定ではないですが焚き火ももちろんできますし、それらを料理に活用することも可能です。

虫が苦手な人でも安心

今までキャンプにはそこそこ興味はあったけれど、虫が多そうで苦手、という方にも冬であれば問題ありません。冬場は虫で悩まされるようなことはほとんどないですし、基本冬場にキャンプをするという人もそこまで多くはないのでのびのびと満喫できます。

冬キャンプ特有の注意するべきポイントもたくさん

一酸化炭素中毒に用心

冬キャンプには様々な魅力があることをご紹介しました。魅力を知って実践してみたくなったという方もいらっしゃるかもしれませんが、対照的に注意しておかなければならない点もたくさんあります。その1つ目が、一酸化炭素中毒に注意しなければいけないということです。

魅力の1つに薪ストーブ等で暖を取るということを挙げましたが、決してテントの中でそれら火器類を扱わないように注意しましょう。一歩間違えれば、一酸化炭素中毒となり危険な状態に陥ってしまうからです。火を扱うのであれば季節問わず注意したいところです。

寝袋やシュラフは慎重に選ぶこと

NEXT 寝袋やシュラフは慎重に選ぶこと