冬キャンプの準備はOK?注意すべき事&持っていくべきおすすめアイテムを紹介!

寝袋やシュラフは慎重に選ぶこと

冬キャンプで起きている間は薪ストーブや焚き火等で暖を取ることはできますが、しかし就寝時も寒いからと言ってそのまま火器類を付けておくわけにはいきません。そこで、寝袋の選定は冬場に合ったものを選ぶなど慎重に決めることをおすすめします。

寝袋には「快適使用温度(コンフォート)」や「限界使用温度(リミット)」が記載されています。例としてキャンプ場の温度が1度だったとして、快適使用温度も1度であるからと安心してはいけません。この状況なら、もう少し寒さの耐性が強いものを選択しましょう。

冬キャンプの予定立ては早めにすること!

車のタイヤ交換等もお早めに

近年はほとんど降らない年も出てきましたが、山間部にあるキャンプ場などだと十分に雪が降っている、または積もっていることが考えられます。ですので、キャンプ場へ行くまでに車を使うのであればスタッドレスタイヤを使用していきましょう。

また、冬のキャンプは予定に余裕を持って行動することを推奨します。何故かといえば、冬は夕方から夜にかけて路面が凍結する可能性が高いですので、到着が遅れると行くのが非常に危険になります。加えて日が落ちるのも早いですので、なるべく余裕を持って早めにキャンプ場へ行きましょう。

冬キャンプに持っていく持ち物のポイントチェック

冬用のアウトドアアイテムを揃えよう

続いては、冬キャンプに持っていく持ち物のポイントを抑えていきます。夏場のキャンプと持っていくもの自体は同じでも、持ち物の質は冬向けのものであるかどうかを重視しなければなりません。例えばテントは必ず持っていくものですが、低温で使用するのを想定したものを選択しましょう。

部屋が二つある2ルームのものなら冷たい外気を気にすることは無くなりますし、ワンポールのテントも一室の中で完結するので寒い中動かなくて済みます。また使用されている素材も重要で、コットン製のものは一般的なポリエステル製のテントより熱を逃がしにくいため室内を温かく保てます。

人型のシュラフを選択

冬のキャンプを想定するのであれば、就寝に使用するシュラフはマミー(人型」タイプのものが最もおすすめできます。密閉性の高いシュラフであり、実際に寝てみるとことのほか寒さを感じる頭まで覆うことのできるものというのがおすすめできる点です。

どんなストーブでも良いわけではない

ご紹介しましたように焚き火やストーブは冬キャンプにおいて暖を取るための必需品といってもいいアイテムですが、どんなストーブでも良いというわけではありません。室内での使用は厳禁ですし屋外で使うことが想定されますので、耐久力の高いものを使いましょう。

冬キャンプおすすめアイテム20選:必需品編

DOD「ライダースワンタッチテント」

それではここからは、冬キャンプにおすすめのアイテム20選をご紹介しましょう。まずはキャンプに必須のアイテム群からで、1つ目はテントです。DODの「ライダースワンタッチテントT2-275」は寒い冬キャンプでも利用できるダブルウォールタイプのテントです。

またストーブはテント内等の屋内仕様は厳禁とご紹介しましたが、こちらのモデルは一酸化炭素中毒を防ぐために換気用のベンチレーションシステムも備わっています。加えてテント上のロープを引っ張ればすぐに設営できるワンタッチテントなので、初心者でも簡単に利用できます。

コールマン「キャンプテンチェア」

アウトドアアイテムを多数ラインナップしているコールマンの「ツーウェイキャプテンチェア」もキャンプにおいて必要なアウトドア用チェアです。ハイ、ローポジションの2段階調節ができ、100キロまでの荷重に耐えられるという頑丈な作りとなっています。

NEXT コールマン「マミー型大人用寝袋」